聖書>旧約>歴史書>歴代誌下

歴代誌下 3 章(全 17 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
歴代誌下 3 章 1 節
ソロモンはエルサレムのモリアの山にの宮を建てることを始めた。そこはダビデにが現れられた所、すなわちエブスびとオルナンの打ち場にダビデが備えた所である。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 1 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 1 節


歴代誌下 3 章 2 節
ソロモンが宮を建て始めたのは、その治世の四年の二であった。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 2 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 2 節


歴代誌下 3 章 3 節
ソロモンの建てたの宮の基の寸法は次のとおりである。すなわち昔の尺度によれば長さ六十キュビト、幅二十キュビト、
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 3 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 3 節


歴代誌下 3 章 4 節
宮の前の廊は宮の幅に従って長さ二十キュビト高さ百二十キュビトで、その内部は純金でおおった。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 4 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 4 節


歴代誌下 3 章 5 節
またその拝殿はいとすぎの板で張り、精をもってこれをおおい、その上にしゅろと鎖の形を施した。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 5 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 5 節


歴代誌下 3 章 6 節
また石をはめ込んで宮を飾った。そのはパルワイムのであった。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 6 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 6 節


歴代誌下 3 章 7 節
彼はまたをもってその宮、すなわち、梁、敷居、壁および戸をおおい、壁の上にケルビムを彫りつけた。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 7 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 7 節


歴代誌下 3 章 8 節
彼はまた至聖所を造った。その長さは宮の長さにしたがって二十キュビト、幅も二十キュビトである。彼は精六百タラントをもってこれをおおった。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 8 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 8 節


歴代誌下 3 章 9 節
その釘のの重さは五十シケルであった。彼はまた階上の室もでおおった。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 9 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 9 節


歴代誌下 3 章 10 節
彼は至聖所に木を刻んだケルビムの像を二つ造り、これをでおおった。
[pdfファイル] 歴代誌下 3 章 10 節
[jpegファイル] 歴代誌下 3 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
復讐   起きよ   力づけ   堕落   女王   訴え   資産   あかし   勤労   快楽   施し   うそ   恋人   処女   分派   お呼び   親しい   御言   使者   不誠実   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.