使徒行伝 12 章(全 25 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
使徒行伝 12 章 1 節
そのころ、ヘロデ教会のある者たちに圧迫の手をのばし、
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 1 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 1 節


使徒行伝 12 章 2 節
ヨハネの兄弟ヤコブをつるぎで切り殺した。
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 2 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 2 節


使徒行伝 12 章 3 節
そして、それがユダヤ人たちの意にかなったのを見て、さらにペテロをも捕えにかかった。それは除酵祭の時のことであった。
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 3 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 3 節


使徒行伝 12 章 4 節
ヘロデはペテロを捕えてに投じ、四人一組の兵卒四組に引き渡して、見張りをさせておいた。越の祭のあとで、彼を民衆の前に引き出すつもりであったのである。
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 4 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 4 節


使徒行伝 12 章 5 節
こうして、ペテロはに入れられていた。教会では、彼のために熱心な祈がささげられた。
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 5 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 5 節


使徒行伝 12 章 6 節
ヘロデが彼を引き出そうとしていたその夜、ペテロは二重の鎖につながれ、ふたりの兵卒の間に置かれて眠っていた。番兵たちは戸口で見張っていた。
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 6 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 6 節


使徒行伝 12 章 7 節
すると、突然、の使がそばに立ち、内を照した。そして御使はペテロのわき腹をつついて起し、「早く起きあがりなさい」と言った。すると鎖が彼の両手から、はずれ落ちた。
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 7 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 7 節


使徒行伝 12 章 8 節
御使が「帯をしめ、くつをはきなさい」と言ったので、彼はそのとおりにした。それから「上着を着て、ついてきなさい」と言われたので、
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 8 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 8 節


使徒行伝 12 章 9 節
ペテロはついて出て行った。彼には御使のしわざが現実のこととは考えられず、ただを見ているように思われた。
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 9 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 9 節


使徒行伝 12 章 10 節
彼らは第一、第二の衛所を通りすぎて、町に抜ける鉄門のところに来ると、それがひとりでに開いたので、そこを出て一つの通路に進んだとたんに、御使は彼を離れ去った。
[pdfファイル] 使徒行伝 12 章 10 節
[jpegファイル] 使徒行伝 12 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
名声   刑罰   無知   姦淫   正義   熱心   荒野   略奪   わな   領地   そしる      空腹   暗黒   天上   高慢   恋人   御霊   むなしく   悪しき   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.