使徒行伝 13 章(全 52 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4  5  6 
使徒行伝 13 章 1 節
さて、アンテオケにある教会には、バルナバ、ニゲルと呼ばれるシメオン、クレネ人ルキオ、領主ヘロデの乳兄弟マナエン、およびサウロなどの預言者や教師がいた。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 1 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 1 節


使徒行伝 13 章 2 節
一同が礼拝ささげ、断食をしていると、聖霊が「さあ、バルナバとサウロとを、わたしのために聖別して、彼らに授けておいた仕事に当らせなさい」と告げた。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 2 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 2 節


使徒行伝 13 章 3 節
そこで一同は、断食と祈とをして、手をふたりの上においた後、出発させた。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 3 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 3 節


使徒行伝 13 章 4 節
ふたりは聖霊に送り出されて、セルキヤにくだり、そこから舟でクプロに渡った。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 4 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 4 節


使徒行伝 13 章 5 節
そしてサラミスに着くと、ユダヤ人の諸会堂での言を宣べはじめた。彼らはヨハネを助け手として連れていた。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 5 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 5 節


使徒行伝 13 章 6 節
島全体を巡回して、パポスまで行ったところ、そこでユダヤ人の魔術、バルイエスというにせ預言者に出会った。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 6 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 6 節


使徒行伝 13 章 7 節
彼は地方総督セルギオ・パウロのところに出入りをしていた。この総督は賢明な人であって、バルナバとサウロとを招いて、の言を聞こうとした。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 7 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 7 節


使徒行伝 13 章 8 節
ところが魔術エルマ(彼のは「魔術」との意)は、総督を信仰からそらそうとして、しきりにふたりの邪魔をした。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 8 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 8 節


使徒行伝 13 章 9 節
サウロ、またのはパウロ、は聖霊に満たされ、彼をにらみつけて
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 9 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 9 節


使徒行伝 13 章 10 節
言った、「ああ、あらゆる偽りと邪とでかたまっている悪魔よ、すべて正しいもののよ。のまっすぐな道を曲げることを止めないのか。
[pdfファイル] 使徒行伝 13 章 10 節
[jpegファイル] 使徒行伝 13 章 10 節



 1  2  3  4  5  6 
おすすめキーワード
   夜明け   悪口   賢明      使者   魔法   あざけり   高ぶり   朽ちる   試みる   不義   地震      感謝         不思議   領主   ささげ   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.