使徒行伝 18 章(全 28 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
使徒行伝 18 章 1 節
その後、パウロはアテネを去ってコリントへ行った。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 1 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 1 節


使徒行伝 18 章 2 節
そこで、アクラというポント生れのユダヤ人と、その妻プリスキラとに出会った。クラウデオ帝が、すべてのユダヤ人をローマから退去させるようにと、命令したため、彼らは近ごろイタリヤから出てきたのである。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 2 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 2 節


使徒行伝 18 章 3 節
パウロは彼らのところに行ったが、互に同業であったので、その家に住み込んで、一緒仕事をした。幕造りがその職業であった。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 3 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 3 節


使徒行伝 18 章 4 節
パウロは安息日ごとに会堂で論じては、ユダヤ人やギリシヤ人の説得に努めた。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 4 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 4 節


使徒行伝 18 章 5 節
シラスとテモテが、マケドニヤから下ってきてからは、パウロは御言を伝えることに専念し、イエスキリストであることを、ユダヤ人たちに力強くあかしした。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 5 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 5 節


使徒行伝 18 章 6 節
しかし、彼らがこれに反抗してののしり続けたので、パウロは自分の上着を振りはらって、彼らに言った、「あなたがたのは、あなたがた自身にかえれ。わたしには責任がない。今からわたしは異邦人の方に行く」。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 6 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 6 節


使徒行伝 18 章 7 節
こう言って、彼はそこを去り、テテオ・ユストというを敬う人の家に行った。その家は会堂と隣り合っていた。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 7 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 7 節


使徒行伝 18 章 8 節
会堂司クリスポは、その家族一同と共にを信じた。また多くのコリント人も、パウロの話を聞いて信じ、ぞくぞくとバプテスマを受けた。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 8 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 8 節


使徒行伝 18 章 9 節
すると、ある夜、のうちにがパウロに言われた、「恐れるな。りつづけよ、黙っているな。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 9 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 9 節


使徒行伝 18 章 10 節
あなたには、わたしがついている。だれもあなたを襲って、危害を加えるようなことはない。この町には、わたしの民が大ぜいいる」。
[pdfファイル] 使徒行伝 18 章 10 節
[jpegファイル] 使徒行伝 18 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
処女   不平   過去   愚者   忍耐      勧め   美しい   策略   一緒   初穂   貧しい   仕事   聖書   不可能   起き   勝利   父上   悪人   死体   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.