聖書>旧約>小預言書>アモス書

アモス書 2 章(全 16 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
アモス書 2 章 1 節
はこう言われる、「モアブの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれを罰してゆるさない。これは彼がエドムのの骨を焼いて/灰にしたからである。
[pdfファイル] アモス書 2 章 1 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 1 節


アモス書 2 章 2 節
それゆえ、わたしはモアブに火を送り、ケリオテのもろもろの宮殿を焼き滅ぼす。モアブは騒ぎと、ときの声と、ラッパの音の中にぬ。
[pdfファイル] アモス書 2 章 2 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 2 節


アモス書 2 章 3 節
わたしはそのうちから、支配者を断ち、そのすべてのつかさを彼と共に殺す」と/は言われる。
[pdfファイル] アモス書 2 章 3 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 3 節


アモス書 2 章 4 節
はこう言われる、「ユダの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれを罰してゆるさない。これは彼らがの律法を捨て、その定めを守らず、その先祖たちが従い歩いた/偽りの物に惑わされたからである。
[pdfファイル] アモス書 2 章 4 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 4 節


アモス書 2 章 5 節
それゆえ、わたしはユダに火を送り、エルサレムのもろもろの宮殿を焼き滅ぼす」。
[pdfファイル] アモス書 2 章 5 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 5 節


アモス書 2 章 6 節
はこう言われる、「イスラエルの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれを罰してゆるさない。これは彼らが正しい者をのために売り、貧しい者をくつ一足のために売るからである。
[pdfファイル] アモス書 2 章 6 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 6 節


アモス書 2 章 7 節
彼らは弱い者の頭を地のちりに踏みつけ、苦しむ者の道をまげ、またともにひとりの女のところへ行って、わが聖なるを汚す。
[pdfファイル] アモス書 2 章 7 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 7 節


アモス書 2 章 8 節
彼らはすべての祭壇のかたわらに/質に取った衣服を敷いて、その上に伏し、罰をもって得た酒を、そのの家で飲む。
[pdfファイル] アモス書 2 章 8 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 8 節


アモス書 2 章 9 節
さきにわたしはアモリびとを/彼らの前から滅ぼした。これはその高きこと、柏のごとく、その強きこと、かしの木のようであったが、わたしはその上の実と、下の根とを滅ぼした。
[pdfファイル] アモス書 2 章 9 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 9 節


アモス書 2 章 10 節
わたしはまた、あなたがたを/エジプトの地から連れ上り、四十年のあいだ荒野で、あなたがたを導き、アモリびとの地を獲させた。
[pdfファイル] アモス書 2 章 10 節
[jpegファイル] アモス書 2 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
欺く   ささげ   滅び   軍隊   教師   いちじく   見張   無慈悲   従う   異端   純潔   試みる   あやまち   悪い   罪人   処女   家族   公義   背信   そしり   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.