聖書>旧約>大預言書>ダニエル書

ダニエル書 10 章(全 21 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
ダニエル書 10 章 1 節
ペルシャのクロスの第三年に、ベルテシャザルとづけられたダニエルに、一つの言葉が啓示されたが、その言葉真実であり、大いなる戦いを意味するものであった。彼はその言葉を留め、そのを悟った。
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 1 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 1 節


ダニエル書 10 章 2 節
そのころ、われダニエルは三週の間、悲しんでいた。
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 2 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 2 節


ダニエル書 10 章 3 節
すなわち三週間の全く満ちるまでは、うまい物を食べず、肉と酒とを口にせず、また身にを塗らなかった。
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 3 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 3 節


ダニエル書 10 章 4 節
の二十四日に、わたしがチグリスという大川の岸に立っていたとき、
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 4 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 4 節


ダニエル書 10 章 5 節
目をあげて望み見ると、ひとりの人がいて、亜麻布の衣を着、ウパズのの帯を腰にしめていた。
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 5 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 5 節


ダニエル書 10 章 6 節
そのからだは緑柱石のごとく、その顔は電のごとく、その目は燃えるたいまつのごとく、その腕と足は、みがいた青銅のように輝き、その言葉の声は、群衆の声のようであった。
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 6 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 6 節


ダニエル書 10 章 7 節
このを見た者は、われダニエルのみであって、わたしと共にいた人々は、このを見なかったが、彼らは大いにおののいて、逃げかくれた。
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 7 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 7 節


ダニエル書 10 章 8 節
それでわたしひとり残って、この大いなるを見たので、力が抜け去り、わが顔の輝きは恐ろしく変って、全く力がなくなった。
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 8 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 8 節


ダニエル書 10 章 9 節
わたしはその言葉の声を聞いたが、その言葉の声を聞いたとき、顔を伏せ、地にひれ伏して、深い眠りに陥った。
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 9 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 9 節


ダニエル書 10 章 10 節
見よ、一つの手があって、わたしに触れたので、わたしは震えながらひざまずき、手をつくと、
[pdfファイル] ダニエル書 10 章 10 節
[jpegファイル] ダニエル書 10 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
   怠惰         兵卒   わざ      柔和   清め   分れ道   勝利   背信   希望   不貞   おとめ   王国   病人   怒り   威光   漁夫   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.