聖書>旧約>詩歌>伝道の書

伝道の書 12 章(全 14 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
伝道の書 12 章 1 節
あなたの若い日に、あなたの造りを覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に、
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 1 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 1 節


伝道の書 12 章 2 節
また日やや、の暗くならない前に、雨の後にまたが帰らないうちに、そのようにせよ。
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 2 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 2 節


伝道の書 12 章 3 節
その日になると、家を守る者は震え、力ある人はかがみ、ひきこなす女は少ないために休み、窓からのぞく者の目はかすみ、
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 3 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 3 節


伝道の書 12 章 4 節
町の門は閉ざされる。その時ひきこなす音は低くなり、人は鳥の声によって起きあがり、歌の娘たちは皆、低くされる。
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 4 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 4 節


伝道の書 12 章 5 節
彼らはまた高いものを恐れる。恐ろしいものが道にあり、あめんどうは花咲き、いなごはその身をひきずり歩き、その欲望は衰え、人が永遠の家に行こうとするので、泣く人が、ちまたを歩きまわる。
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 5 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 5 節


伝道の書 12 章 6 節
その後、のひもは切れ、の皿は砕け、がめは泉のかたわらで破れ、車は井戸のかたわらで砕ける。
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 6 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 6 節


伝道の書 12 章 7 節
ちりは、もとのように土に帰り、はこれを授けたに帰る。
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 7 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 7 節


伝道の書 12 章 8 節
伝道者は言う、「空の空、いっさいは空である」と。
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 8 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 8 節


伝道の書 12 章 9 節
さらに伝道者は知恵があるゆえに、知識を民にえた。彼はよく考え、尋ねきわめ、あまたの箴言をまとめた。
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 9 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 9 節


伝道の書 12 章 10 節
伝道者は麗しい言葉を得ようとつとめた。また彼は真実言葉正しく書きしるした。
[pdfファイル] 伝道の書 12 章 10 節
[jpegファイル] 伝道の書 12 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
報復   あかし      天上   父上   花嫁   繁栄   嗣業   長子   永久   清め   悔い改めよ      夜明け   教師      良心   契約   そしり      
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.