聖書>旧約>詩歌>伝道の書

伝道の書 2 章(全 26 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
伝道の書 2 章 1 節
わたしは自分のに言った、「さあ、快楽をもって、おまえを試みよう。おまえは愉快にごすがよい」と。しかし、これもまた空であった。
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 1 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 1 節


伝道の書 2 章 2 節
わたしは笑いについて言った、「これは狂気である」と。また快楽について言った、「これは何をするのか」と。
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 2 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 2 節


伝道の書 2 章 3 節
わたしの知恵をもってわたしを導いているが、わたしは酒をもって自分の肉体を元気づけようと試みた。また、人の天が下でその短い一生の間、どんな事をしたら良いかを、見きわめるまでは、愚かな事をしようと試みた。
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 3 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 3 節


伝道の書 2 章 4 節
わたしは大きな事業をした。わたしは自分のために家を建て、ぶどう畑を設け、
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 4 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 4 節


伝道の書 2 章 5 節
園と庭をつくり、またすべて実のなる木をそこに植え、
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 5 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 5 節


伝道の書 2 章 6 節
池をつくって、木のおい茂る林に、そこからを注がせた。
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 6 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 6 節


伝道の書 2 章 7 節
わたしは男女の奴隷を買った。またわたしの家で生れた奴隷を持っていた。わたしはまた、わたしより先にエルサレムにいただれよりも多くの牛やの財産を持っていた。
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 7 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 7 節


伝道の書 2 章 8 節
わたしはまたを集め、たちと国々の財を集めた。またわたしは歌うたう男、歌うたう女を得た。また人の楽しみとするそばめを多く得た。
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 8 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 8 節


伝道の書 2 章 9 節
こうして、わたしは大いなる者となり、わたしより先にエルサレムにいたすべての者よりも、大いなる者となった。わたしの知恵もまた、わたしを離れなかった。
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 9 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 9 節


伝道の書 2 章 10 節
なんでもわたしの目の好むものは遠慮せず、わたしの喜ぶものは拒まなかった。わたしのがわたしのすべての労苦によって、快楽を得たからである。そしてこれはわたしのすべての労苦によって得た報いであった。
[pdfファイル] 伝道の書 2 章 10 節
[jpegファイル] 伝道の書 2 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
   結婚   東風      うわべ   従う   苦痛   偽っ   復活   略奪   全能   患難   よこしま   預言   身内   希望   もう一度   富む   求め   聖書   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.