聖書>旧約>歴史書>エステル記

エステル記 3 章(全 15 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
エステル記 3 章 1 節
これらの事の後、アハシュエロスはアガグびとハンメダタのハマンを重んじ、これを昇進させて、自分と共にいるすべての大臣たちの上にその席を定めさせた。
[pdfファイル] エステル記 3 章 1 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 1 節


エステル記 3 章 2 節
の門の内にいるの侍臣たちは皆ひざまずいてハマンに敬礼した。これはが彼についてこうすることを命じたからである。しかしモルデカイはひざまずかず、また敬礼しなかった。
[pdfファイル] エステル記 3 章 2 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 2 節


エステル記 3 章 3 節
そこでの門にいるの侍臣たちはモルデカイにむかって、「あなたはどうしての命令にそむくのか」と言った。
[pdfファイル] エステル記 3 章 3 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 3 節


エステル記 3 章 4 節
彼らは毎日モルデカイにこう言うけれども聞きいれなかったので、その事がゆるされるかどうかを見ようと、これをハマンに告げた。なぜならモルデカイはすでに自分のユダヤ人であることを彼らに語ったからである。
[pdfファイル] エステル記 3 章 4 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 4 節


エステル記 3 章 5 節
ハマンはモルデカイのひざまずかず、また自分に敬礼しないのを見て怒りに満たされたが、
[pdfファイル] エステル記 3 章 5 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 5 節


エステル記 3 章 6 節
ただモルデカイだけを殺すことを潔しとしなかった。彼らがモルデカイの属する民をハマンに知らせたので、ハマンはアハシュエロスの国のうちにいるすべてのユダヤ人、すなわちモルデカイの属する民をことごとく滅ぼそうと図った。
[pdfファイル] エステル記 3 章 6 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 6 節


エステル記 3 章 7 節
アハシュエロスの第十二年の正すなわちニサンのに、ハマンの前で、十二すなわちアダルのまで、一日一日のため、一のために、プルすなわちくじを投げさせた。
[pdfファイル] エステル記 3 章 7 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 7 節


エステル記 3 章 8 節
そしてハマンはアハシュエロスに言った、「お国の各州にいる諸民のうちに、散らされて、別れ別れになっている一つの民がいます。その法律は他のすべての民のものと異なり、また彼らはの法律を守りません。それゆえ彼らを許しておくことはのためになりません。
[pdfファイル] エステル記 3 章 8 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 8 節


エステル記 3 章 9 節
もしがよしとされるならば、彼らを滅ぼせと詔をお書きください。そうすればわたしはの事をつかさどる者たちの手に一万タラントを量りわたして、庫に入れさせましょう」。
[pdfファイル] エステル記 3 章 9 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 9 節


エステル記 3 章 10 節
そこでは手から指輪をはずし、アガグびとハンメダタので、ユダヤ人のであるハマンにわたした。
[pdfファイル] エステル記 3 章 10 節
[jpegファイル] エステル記 3 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
   永久      イスラエル   救う   死体   収穫   ささげる   富める   盲人   祝い   賄賂   権力   偽る   義人   祝い   しらせ   泣く   笑う   威勢   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.