聖書>旧約>モーセ5書>創世記

創世記 2 章(全 25 節) 21 節から 25 節まで

 1  2  3 
創世記 2 章 21 節
そこでなるは人を深く眠らせ、眠った時に、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。
[pdfファイル] 創世記 2 章 21 節
[jpegファイル] 創世記 2 章 21 節


創世記 2 章 22 節
なるは人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた。
[pdfファイル] 創世記 2 章 22 節
[jpegファイル] 創世記 2 章 22 節


創世記 2 章 23 節
そのとき、人は言った。「これこそ、ついにわたしの骨の骨、/わたしの肉の肉。男から取ったものだから、/これを女とづけよう」。
[pdfファイル] 創世記 2 章 23 節
[jpegファイル] 創世記 2 章 23 節


創世記 2 章 24 節
それで人はそのを離れて、妻と結び合い、一体となるのである。
[pdfファイル] 創世記 2 章 24 節
[jpegファイル] 創世記 2 章 24 節


創世記 2 章 25 節
人とその妻とは、ふたりとも裸であったが、ずかしいとは思わなかった。
[pdfファイル] 創世記 2 章 25 節
[jpegファイル] 創世記 2 章 25 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
施し   家族   種まき   不平   淫行   負債   思慮   死体   贖罪   悪魔   家族   運命   指導   しるし   聖地   泣き   聖者   怠る   怠る   憂い   
Copyright©B.C.4000-A.D.2019 JHVH All Rights Reserved.