聖書>旧約>モーセ5書>創世記

創世記 30 章(全 43 節) 31 節から 41 節まで

 1  2  3  4  5 
創世記 30 章 31 節
彼は言った、「何をあなたにあげようか」。ヤコブは言った、「なにもわたしにくださるに及びません。もしあなたが、わたしのためにこの一つの事をしてくださるなら、わたしは今一度あなたの群れを飼い、守りましょう。
[pdfファイル] 創世記 30 章 31 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 31 節


創世記 30 章 32 節
わたしはきょう、あなたの群れをみな回ってみて、その中からすべてぶちとまだらの、およびすべて黒い小と、やぎの中のまだらのものと、ぶちのものとを移しますが、これをわたしの報酬としましょう。
[pdfファイル] 創世記 30 章 32 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 32 節


創世記 30 章 33 節
あとで、あなたがきて、あなたの前でわたしの報酬をしらべる時、わたしの正しい事が証明されるでしょう。もしも、やぎの中にぶちのないもの、まだらでないものがあったり、小の中に黒くないものがあれば、それはみなわたしが盗んだものとなるでしょう」。
[pdfファイル] 創世記 30 章 33 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 33 節


創世記 30 章 34 節
ラバンは言った、「よろしい。あなたの言われるとおりにしましょう」。
[pdfファイル] 創世記 30 章 34 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 34 節


創世記 30 章 35 節
そこでラバンはその日、雄やぎのしまのあるもの、まだらのもの、すべて雌やぎのぶちのもの、まだらのもの、すべて白みをおびているもの、またすべて小の中の黒いものを移してらの手にわたし、
[pdfファイル] 創世記 30 章 35 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 35 節


創世記 30 章 36 節
ヤコブとの間に三日路の隔たりを設けた。ヤコブはラバンの残りの群れを飼った。
[pdfファイル] 創世記 30 章 36 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 36 節


創世記 30 章 37 節
ヤコブは、はこやなぎと、あめんどうと、すずかけの木のなまの枝を取り、皮をはいでそれに白い筋をつくり、枝の白い所を表わし、
[pdfファイル] 創世記 30 章 37 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 37 節


創世記 30 章 38 節
皮をはいだ枝を、群れがきてを飲む鉢、すなわちぶねの中に、群れに向かわせて置いた。群れはを飲みにきた時に、はらんだ。
[pdfファイル] 創世記 30 章 38 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 38 節


創世記 30 章 39 節
すなわち群れは枝の前で、はらんで、しまのあるもの、ぶちのもの、まだらのものを産んだ。
[pdfファイル] 創世記 30 章 39 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 39 節


創世記 30 章 40 節
ヤコブはその小を別においた。彼はまた群れの顔をラバンの群れのしまのあるものと、すべて黒いものとに向かわせた。そして自分の群れを別にまとめておいて、ラバンの群れには、入れなかった。
[pdfファイル] 創世記 30 章 40 節
[jpegファイル] 創世記 30 章 40 節



 1  2  3  4  5 
おすすめキーワード
罪過   権力   地獄   出産   苦痛      反対   そしり   あやまち   反対   さいわい   判断   語っ   あざける   善人      子孫   考え   喜び   富める   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.