聖書>新約>パウロの書簡>ヘブル人への手紙

ヘブル人への手紙 4 章(全 16 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
ヘブル人への手紙 4 章 1 節
それだから、の安息にはいるべき約束が、まだ存続しているにかかわらず、万一にも、はいりそこなう者が、あなたがたの中から出ることがないように、注意しようではないか。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 1 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 1 節


ヘブル人への手紙 4 章 2 節
というのは、彼らと同じく、わたしたちにも福音が伝えられているのである。しかし、その聞いた御言は、彼らには無益であった。それが、聞いた者たちに、信仰によって結びつけられなかったからである。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 2 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 2 節


ヘブル人への手紙 4 章 3 節
ところが、わたしたち信じている者は、安息にはいることができる。それは、/「わたしが怒って、/彼らをわたしの安息に、はいらせることはしないと、/誓ったように」/と言われているとおりである。しかも、みわざは世の初めに、でき上がっていた。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 3 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 3 節


ヘブル人への手紙 4 章 4 節
すなわち、聖書のある箇所で、七日目のことについて、「は、七日目にすべてのわざをやめて休まれた」と言われており、
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 4 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 4 節


ヘブル人への手紙 4 章 5 節
またここで、「彼らをわたしの安息に、はいらせることはしない」と言われている。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 5 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 5 節


ヘブル人への手紙 4 章 6 節
そこで、その安息にはいる機会が、人々になお残されているのであり、しかも、初めに福音を伝えられた人々は、不従順のゆえに、はいることをしなかったのであるから、
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 6 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 6 節


ヘブル人への手紙 4 章 7 節
は、あらためて、ある日を「きょう」として定め、長く時がたってから、先に引用したとおり、/「きょう、み声を聞いたなら、/あなたがたのを、かたくなにしてはいけない」/とダビデをとおして言われたのである。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 7 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 7 節


ヘブル人への手紙 4 章 8 節
もしヨシュアが彼らを休ませていたとすれば、はあとになって、ほかの日のことについてられたはずはない。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 8 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 8 節


ヘブル人への手紙 4 章 9 節
こういうわけで、安息日の休みが、の民のためにまだ残されているのである。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 9 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 9 節


ヘブル人への手紙 4 章 10 節
なぜなら、の安息にはいった者は、がみわざをやめて休まれたように、自分もわざを休んだからである。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 4 章 10 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 4 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
子供   姦淫   証言   きよい      処女   分れ道   光栄   苦しむ   嗣業   高慢   花婿   家財   イスラエル   滅ぼさ   姉妹   収穫   キリスト   堕落   運命   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.