聖書>新約>パウロの書簡>ヘブル人への手紙

ヘブル人への手紙 7 章(全 28 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
ヘブル人への手紙 7 章 1 節
このメルキゼデクはサレムのであり、いと高き祭司であったが、たちを撃破して帰るアブラハムを迎えて祝福し、
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 1 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 1 節


ヘブル人への手紙 7 章 2 節
それに対して、アブラハムは彼にすべての物の十分の一を分け与えたのである。そのの意味は、第一に、次にまたサレムの、すなわち平和である。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 2 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 2 節


ヘブル人への手紙 7 章 3 節
彼にはがなく、がなく、系図がなく、生涯の初めもなく、生命の終りもなく、のようであって、いつまでも祭司なのである。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 3 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 3 節


ヘブル人への手紙 7 章 4 節
そこで、族長のアブラハムが最もよいぶんどり品の十分の一を与えたのだから、この人がどんなにすぐれた人物であったかが、あなたがたにわかるであろう。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 4 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 4 節


ヘブル人への手紙 7 章 5 節
さて、レビののうちで祭司の務をしている者たちは、兄弟である民から、同じくアブラハムの子孫であるにもかかわらず、十分の一を取るように、律法によって命じられている。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 5 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 5 節


ヘブル人への手紙 7 章 6 節
ところが、彼らの統に属さないこの人が、アブラハムから十分の一を受けとり、約束を受けている者を祝福したのである。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 6 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 6 節


ヘブル人への手紙 7 章 7 節
言うまでもなく、小なる者が大なる者から祝福を受けるのである。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 7 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 7 節


ヘブル人への手紙 7 章 8 節
その上、一方ではぬべき人間が、十分の一を受けているが、他方では「彼は生きている者」とあかしされた人が、それを受けている。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 8 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 8 節


ヘブル人への手紙 7 章 9 節
そこで、十分の一を受けるべきレビでさえも、アブラハムを通じて十分の一を納めた、と言える。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 9 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 9 節


ヘブル人への手紙 7 章 10 節
なぜなら、メルキゼデクがアブラハムを迎えた時には、レビはまだこの父祖の腰の中にいたからである。
[pdfファイル] ヘブル人への手紙 7 章 10 節
[jpegファイル] ヘブル人への手紙 7 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
公道   報復   怒り   弟子      賄賂   従う   思い煩い   教訓   祭司   賢明   正しい      ささげ      無慈悲   不貞   不公平   領地   奴隷   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.