聖書>旧約>詩歌>ヨブ記

ヨブ記 2 章(全 13 節) 11 節から 13 節まで

 1  2 
ヨブ記 2 章 11 節
時に、ヨブの三人のがこのすべての災のヨブに臨んだのを聞いて、めいめい自分の所から尋ねて来た。すなわちテマンびとエリパズ、シュヒびとビルダデ、ナアマびとゾパルである。彼らはヨブをいたわり、慰めようとして、たがいに約束してきたのである。
[pdfファイル] ヨブ記 2 章 11 節
[jpegファイル] ヨブ記 2 章 11 節


ヨブ記 2 章 12 節
彼らは目をあげて遠方から見たが、彼のヨブであることを認めがたいほどであったので、声をあげて泣き、めいめい自分の上着を裂き、に向かって、ちりをうちあげ、自分たちの頭の上にまき散らした。
[pdfファイル] ヨブ記 2 章 12 節
[jpegファイル] ヨブ記 2 章 12 節


ヨブ記 2 章 13 節
こうして七日七夜、彼と共に地に座していて、ひと言も彼に話しかける者がなかった。彼の苦しみの非常に大きいのを見たからである。
[pdfファイル] ヨブ記 2 章 13 節
[jpegファイル] ヨブ記 2 章 13 節



 1  2 
おすすめキーワード
悪事      花嫁   判断   確実   友人      知者   喜ぶ      愛らしい   香油   永久   重い   栄光         汚れ      笑う   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.