聖書>旧約>歴史書>士師記

士師記 1 章(全 33 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4 
士師記 1 章 4 節
ユダが上って行くと、は彼らの手にカナンびととペリジびととをわたされたので、彼らはベゼクで一万人を撃ち破り、
[pdfファイル] 士師記 1 章 4 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 4 節


士師記 1 章 5 節
またベゼクでアドニベゼクに会い、彼と戦ってカナンびととペリジびととを撃ち破った。
[pdfファイル] 士師記 1 章 5 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 5 節


士師記 1 章 6 節
アドニベゼクは逃げたが、彼らはそのあとを追って彼を捕え、その手足の親指を切り放った。
[pdfファイル] 士師記 1 章 6 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 6 節


士師記 1 章 7 節
アドニベゼクは言った、「かつて七十人のたちが手足の親指を切られて、わたしの食卓の下で、くずを拾ったことがあったが、はわたしがしたように、わたしに報いられたのだ」。人々は彼をエルサレムへ連れて行ったが、彼はそこでんだ。
[pdfファイル] 士師記 1 章 7 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 7 節


士師記 1 章 8 節
ユダの人々はエルサレムを攻めて、これを取り、つるぎをもってこれを撃ち、町に火を放った。
[pdfファイル] 士師記 1 章 8 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 8 節


士師記 1 章 9 節
その後、ユダの人々は山地とネゲブと平地に住んでいるカナンびとと戦うために下ったが、
[pdfファイル] 士師記 1 章 9 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 9 節


士師記 1 章 10 節
ユダはまずヘブロンに住んでいるカナンびとを攻めて、セシャイとアヒマンとタルマイを撃ち破った。ヘブロンのもとのはキリアテ・アルバであった。
[pdfファイル] 士師記 1 章 10 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 10 節


士師記 1 章 11 節
またそこから進んでデビルの住民を攻めた。(デビルのもとのはキリアテ・セペルであった。)
[pdfファイル] 士師記 1 章 11 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 11 節


士師記 1 章 12 節
時にカレブは言った、「キリアテ・セペルを撃って、これを取る者には、わたしの娘アクサを妻として与えるであろう」。
[pdfファイル] 士師記 1 章 12 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 12 節


士師記 1 章 13 節
カレブの弟ケナズのオテニエルがそれを取ったので、カレブは娘アクサを妻として彼に与えた。
[pdfファイル] 士師記 1 章 13 節
[jpegファイル] 士師記 1 章 13 節



 1  2  3  4 
おすすめキーワード
知者   そむく   悪意   考え   お願い   死体   悪い   勤労   栄光   快楽   身内   携え   疑い   お呼び   父母      天地   むなしい   礼拝   女王   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.