聖書>旧約>歴史書>士師記

士師記 10 章(全 18 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
士師記 10 章 1 節
アビメレクの後、イッサカルの人で、ドドのであるプワのトラが起ってイスラエルった。彼はエフライムの山地のシャミルに住み、
[pdfファイル] 士師記 10 章 1 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 1 節


士師記 10 章 2 節
二十三年の間イスラエルをさばいたが、ついにんでシャミルに葬られた。
[pdfファイル] 士師記 10 章 2 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 2 節


士師記 10 章 3 節
彼の後にギレアデびとヤイルが起って二十二年の間イスラエルをさばいた。
[pdfファイル] 士師記 10 章 3 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 3 節


士師記 10 章 4 節
彼に三十人のがあった。彼らは三十頭のろばに乗り、また三十の町をもっていた。ギレアデの地で今日まで、ハボテ・ヤイルと呼ばれているものがそれである。
[pdfファイル] 士師記 10 章 4 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 4 節


士師記 10 章 5 節
ヤイルはんで、カモンに葬られた。
[pdfファイル] 士師記 10 章 5 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 5 節


士師記 10 章 6 節
イスラエルの人々は再びの前にを行い、バアルとアシタロテおよびスリヤの々、シドンの々、モアブの々、アンモンびとの々、ペリシテびとの々に仕え、を捨ててこれに仕えなかった。
[pdfファイル] 士師記 10 章 6 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 6 節


士師記 10 章 7 節
イスラエルに対して怒りを発し、彼らをペリシテびとの手およびアンモンびとの手に売りわたされたので、
[pdfファイル] 士師記 10 章 7 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 7 節


士師記 10 章 8 節
彼らはその年イスラエルの人々をしえたげ悩ました。すなわち彼らはヨルダンの向こうのギレアデにあるアモリびとの地にいたすべてのイスラエルびとを十八年のあいだ悩ました。
[pdfファイル] 士師記 10 章 8 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 8 節


士師記 10 章 9 節
またアンモンの人々がユダとベニヤミンとエフライムの氏族を攻めるためにヨルダンを渡ってきたので、イスラエルは非常に悩まされた。
[pdfファイル] 士師記 10 章 9 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 9 節


士師記 10 章 10 節
そこでイスラエルの人々はに呼ばわって言った、「わたしたちはわたしたちのを捨ててバアルに仕え、あなたにを犯しました」。
[pdfファイル] 士師記 10 章 10 節
[jpegファイル] 士師記 10 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
刑罰   雄々しく   忠実   うわさ   復活   証人   むなしい      きよい      奴隷   善行   見張   議会   汚らわしい   重い   姉妹      分派      
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.