聖書>旧約>歴史書>士師記

士師記 16 章(全 31 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4 
士師記 16 章 1 節
サムソンはガザへ行って、そこでひとりの遊女を見、その女のところにはいった。
[pdfファイル] 士師記 16 章 1 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 1 節


士師記 16 章 2 節
「サムソンがここにきた」と、ガザの人々に告げるものがあったので、ガザの人々はその所を取り囲み、夜通し町の門で待ち伏せし、「われわれは朝まで待って彼を殺そう」と言って、夜通し静かにしていた。
[pdfファイル] 士師記 16 章 2 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 2 節


士師記 16 章 3 節
サムソンは夜中まで寝たが、夜中に起きて、町の門のとびらと二つの門柱に手をかけて、貫の木もろともに引き抜き、肩に載せて、ヘブロンの向かいにある山の頂に運んで行った。
[pdfファイル] 士師記 16 章 3 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 3 節


士師記 16 章 4 節
この後、サムソンはソレクの谷にいるデリラという女をした。
[pdfファイル] 士師記 16 章 4 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 4 節


士師記 16 章 5 節
ペリシテびとの君たちはその女のところにきて言った、「あなたはサムソンを説きすすめて、彼の大力はどこにあるのか、またわれわれはどうすれば彼に勝って、彼を縛り苦しめることができるかを見つけなさい。そうすればわれわれはおのおの千百枚ずつをあなたにさしあげましょう」。
[pdfファイル] 士師記 16 章 5 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 5 節


士師記 16 章 6 節
そこでデリラはサムソンに言った、「あなたの大力はどこにあるのか、またどうすればあなたを縛って苦しめることができるか、どうぞわたしに聞かせてください」。
[pdfファイル] 士師記 16 章 6 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 6 節


士師記 16 章 7 節
サムソンは女に言った、「人々がもし、かわいたことのない七本の新しい弓弦をもってわたしを縛るなら、わたしは弱くなってほかの人のようになるでしょう」。
[pdfファイル] 士師記 16 章 7 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 7 節


士師記 16 章 8 節
そこでペリシテびとの君たちが、かわいたことのない七本の新しい弓弦を女に持ってきたので、女はそれをもってサムソンを縛った。
[pdfファイル] 士師記 16 章 8 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 8 節


士師記 16 章 9 節
女はかねて奥のへやに人を忍ばせておいて、サムソンに言った、「サムソンよ、ペリシテびとがあなたに迫っています」。しかしサムソンはその弓弦を、あたかも亜麻糸が火にあって断たれるように断ち切った。こうして彼の力の秘密は知れなかった。
[pdfファイル] 士師記 16 章 9 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 9 節


士師記 16 章 10 節
デリラはサムソンに言った、「あなたはわたしを欺いて、うそを言いました。どうしたらあなたを縛ることができるか、どうぞ今わたしに聞かせてください」。
[pdfファイル] 士師記 16 章 10 節
[jpegファイル] 士師記 16 章 10 節



 1  2  3  4 
おすすめキーワード
黄泉   卑しい   預言      おとめ   父母      あかし   安らか   見張   悪賢い   悪賢い   旅人   南風   教師   柔らかい   不貞   求めよ   獄屋   泣く   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.