聖書>旧約>歴史書>士師記

士師記 3 章(全 31 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4 
士師記 3 章 1 節
すべてカナンのもろもろの戦争を知らないイスラエルの人々を試みるために、が残しておかれた国民は次のとおりである。
[pdfファイル] 士師記 3 章 1 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 1 節


士師記 3 章 2 節
これはただイスラエルの代々の子孫、特にまだ戦争を知らないものに、それをえ知らせるためである。
[pdfファイル] 士師記 3 章 2 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 2 節


士師記 3 章 3 節
すなわちペリシテびとの五人の君たちと、すべてのカナンびとと、シドンびとおよびレバノン山に住んで、バアル・ヘルモン山からハマテの入口までを占めていたヒビびとなどであって、
[pdfファイル] 士師記 3 章 3 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 3 節


士師記 3 章 4 節
これらをもってイスラエルを試み、がモーセによって先祖たちに命じられた命令に、彼らが従うかどうかを知ろうとされたのである。
[pdfファイル] 士師記 3 章 4 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 4 節


士師記 3 章 5 節
しかるにイスラエルの人々はカナンびと、ヘテびと、アモリびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとのうちに住んで、
[pdfファイル] 士師記 3 章 5 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 5 節


士師記 3 章 6 節
彼らの娘を妻にめとり、また自分たちの娘を彼らのむすこに与えて、彼らの々に仕えた。
[pdfファイル] 士師記 3 章 6 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 6 節


士師記 3 章 7 節
こうしてイスラエルの人々はの前にを行い、自分たちのを忘れて、バアルおよびアシラに仕えた。
[pdfファイル] 士師記 3 章 7 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 7 節


士師記 3 章 8 節
そこでイスラエルに対して激しく怒り、彼らをメソポタミヤのクシャン・リシャタイムの手に売りわたされたので、イスラエルの人々は八年の間、クシャン・リシャタイムに仕えた。
[pdfファイル] 士師記 3 章 8 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 8 節


士師記 3 章 9 節
しかし、イスラエルの人々がに呼ばわったとき、イスラエルの人々のために、ひとりの助者を起して彼らをわれた。すなわちカレブの弟、ケナズのオテニエルである。
[pdfファイル] 士師記 3 章 9 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 9 節


士師記 3 章 10 節
がオテニエルに臨んだので、彼はイスラエルをさばいた。彼が戦いに出ると、はメソポタミヤのクシャン・リシャタイムをその手にわたされたので、オテニエルの手はクシャン・リシャタイムに勝ち、
[pdfファイル] 士師記 3 章 10 節
[jpegファイル] 士師記 3 章 10 節



 1  2  3  4 
おすすめキーワード
証人   王子   朽ちる   ささげる   天が下   熱心   御言   むなしく   異邦   ささげ   不貞      喜ん   されこうべ   分れ道   十字架   安らか   苦しむ   賜物   されこうべ   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.