聖書>旧約>大預言書>哀歌

哀歌 1 章(全 22 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
哀歌 1 章 1 節
ああ、むかしは、民の満ちみちていたこの都、国々の民のうちで大いなる者であったこの町、今は寂しいさまで座し、やもめのようになった。もろもろの町のうちで女王であった者、今は奴隷となった。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 1 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 1 節


哀歌 1 章 2 節
これは夜もすがらいたく泣き悲しみ、そのほおにはが流れている。そのすべての愛する者のうちには、これを慰める者はひとりもなく、そのすべてのはこれにそむいて、そのとなった。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 2 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 2 節


哀歌 1 章 3 節
ユダは悩みのゆえに、また激しい苦役のゆえに、のがれて行って、もろもろの国民のうちに住んでいるが、安息を得ず、これを追う者がみな追いついてみると、悩みのうちにあった。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 3 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 3 節


哀歌 1 章 4 節
シオンの道は祭に上ってくる者のないために悲しみ、その門はことごとく荒れ、その祭司たちは嘆き、そのおとめたちは引かれて行き、シオンはみずからいたく苦しむ
[pdfファイル] 哀歌 1 章 4 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 4 節


哀歌 1 章 5 節
そのあだはかしらとなり、そのは栄えている。そのとがが多いので、がこれを悩まされたからである。その幼なたちは捕われて、あだの前に行った。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 5 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 5 節


哀歌 1 章 6 節
シオンの娘の栄華はことごとく彼女を離れ去り、その君たちは牧草を得ない、しかのようになり、自分を追う者の前に力なく逃げ去った。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 6 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 6 節


哀歌 1 章 7 節
エルサレムはその悩み苦しみの日に、昔から持っていたもろもろの思い出す。その民があだの手に陥り、だれもこれを助ける者のない時、あだはこれを見て、その滅びをあざ笑った。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 7 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 7 節


哀歌 1 章 8 節
エルサレムは、はなはだしくを犯したので、汚れたものとなった。これを尊んだ者も皆その裸を見たので、これを卑しめる。これもまたみずから嘆き、顔をそむける。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 8 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 8 節


哀歌 1 章 9 節
その汚れはその衣のすそにあり、これはその終りを思わなかった。それゆえ、これは驚くばかりに落ちぶれ、これを慰める者はひとりもない。「よ、わが悩みを顧みてください、は勝ち誇っていますから」。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 9 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 9 節


哀歌 1 章 10 節
は手を伸べて、その財をことごとく奪った。あなたがさきに異邦人らはあなたの公会に、はいってはならないと命じられたのに、彼らがその聖所にはいるのをシオンは見た。
[pdfファイル] 哀歌 1 章 10 節
[jpegファイル] 哀歌 1 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
高ぶり   御言   初穂      悪い   起きよ   奉仕   子供   苦しみ   感謝   うわさ      注意   出産      共に   起きよ   福音   東風   怒り   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.