聖書>新約>福音書>ルカによる福音書

ルカによる福音書 18 章(全 43 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4  5 
ルカによる福音書 18 章 1 節
また、イエスは失望せずに常に祈るべきことを、人々にえられた。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 1 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 1 節


ルカによる福音書 18 章 2 節
「ある町に、を恐れず、人を人とも思わぬ裁判官がいた。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 2 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 2 節


ルカによる福音書 18 章 3 節
ところが、その同じ町にひとりのやもめがいて、彼のもとにたびたびきて、『どうぞ、わたしを訴える者をさばいて、わたしを守ってください』と願いつづけた。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 3 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 3 節


ルカによる福音書 18 章 4 節
彼はしばらくの間きき入れないでいたが、そののち、のうちで考えた、『わたしはをも恐れず、人を人とも思わないが、
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 4 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 4 節


ルカによる福音書 18 章 5 節
このやもめがわたしに面倒をかけるから、彼女のためになる裁判をしてやろう。そしたら、絶えずやってきてわたしを悩ますことがなくなるだろう』」。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 5 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 5 節


ルカによる福音書 18 章 6 節
そこでは言われた、「この不義な裁判官の言っていることを聞いたか。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 6 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 6 節


ルカによる福音書 18 章 7 節
ましては、日夜叫び求める選民のために、正しいさばきをしてくださらずに長い間そのままにしておかれることがあろうか。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 7 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 7 節


ルカによる福音書 18 章 8 節
あなたがたに言っておくが、はすみやかにさばいてくださるであろう。しかし、人のが来るとき、地上信仰が見られるであろうか」。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 8 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 8 節


ルカによる福音書 18 章 9 節
自分を義人だと自任して他人を見下げている人たちに対して、イエスはまたこのをお話しになった。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 9 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 9 節


ルカによる福音書 18 章 10 節
「ふたりの人が祈るために宮に上った。そのひとりはパリサイ人であり、もうひとりは取税人であった。
[pdfファイル] ルカによる福音書 18 章 10 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 18 章 10 節



 1  2  3  4  5 
おすすめキーワード
夜明け   威光   喜ぶ   しるし   王子   暗やみ   思い煩い      偽善   思慮   契約   老い   思い   暗やみ   収穫   悪人   収穫   悪しき   すなどる   あやまっ   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.