聖書>新約>福音書>ルカによる福音書

ルカによる福音書 6 章(全 49 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4  5 
ルカによる福音書 6 章 1 節
ある安息日にイエスが麦畑の中をとおって行かれたとき、弟子たちが穂をつみ、手でもみながら食べていた。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 1 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 1 節


ルカによる福音書 6 章 2 節
すると、あるパリサイ人たちが言った、「あなたがたはなぜ、安息日にしてはならぬことをするのか」。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 2 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 2 節


ルカによる福音書 6 章 3 節
そこでイエスが答えて言われた、「あなたがたは、ダビデとその供の者たちとが飢えていたとき、ダビデのしたことについて、読んだことがないのか。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 3 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 3 節


ルカによる福音書 6 章 4 節
すなわち、の家にはいって、祭司たちのほかだれも食べてはならぬ供えのパンを取って食べ、また供の者たちにも与えたではないか」。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 4 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 4 節


ルカによる福音書 6 章 5 節
また彼らに言われた、「人のは安息日のである」。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 5 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 5 節


ルカによる福音書 6 章 6 節
また、ほかの安息日に会堂にはいってえておられたところ、そこに右手のなえた人がいた。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 6 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 6 節


ルカによる福音書 6 章 7 節
律法学者やパリサイ人たちは、イエス訴える口実を見付けようと思って、安息日にいやされるかどうかをうかがっていた。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 7 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 7 節


ルカによる福音書 6 章 8 節
イエスは彼らの思っていることを知って、その手のなえた人に、「起きて、まん中に立ちなさい」と言われると、起き上がって立った。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 8 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 8 節


ルカによる福音書 6 章 9 節
そこでイエスは彼らにむかって言われた、「あなたがたに聞くが、安息日にを行うのとを行うのと、命を救うのと殺すのと、どちらがよいか」。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 9 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 9 節


ルカによる福音書 6 章 10 節
そして彼ら一同を見まわして、その人に「手を伸ばしなさい」と言われた。そのとおりにすると、その手は元どおりになった。
[pdfファイル] ルカによる福音書 6 章 10 節
[jpegファイル] ルカによる福音書 6 章 10 節



 1  2  3  4  5 
おすすめキーワード
雄々しく   軍隊   罪過   報復   真心      なまけ者   初穂   慰め   御国      いちじく   しらせ   聖徒   偽善   従う   香料   滅ぼす      天国   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.