聖書>旧約>小預言書>ミカ書

ミカ書 2 章(全 13 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
ミカ書 2 章 1 節
その床の上で不義を計り、を行う者はわざわいである。彼らはその手に力あるゆえ、夜が明けるとこれを行う。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 1 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 1 節


ミカ書 2 章 2 節
彼らは田畑をむさぼってこれを奪い、家をむさぼってこれを取る。彼らは人をしえたげてその家を奪い、人をしえたげてその嗣業を奪う。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 2 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 2 節


ミカ書 2 章 3 節
それゆえ、はこう言われる、見よ、わたしはこのやからにむかって/災を下そうと計る。あなたがたはその首を/これから、はずすことはできない。また、まっすぐに立って歩くことはできない。これは災の時だからである。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 3 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 3 節


ミカ書 2 章 4 節
その日、人々は歌を作ってあなたがたをののしり、悲しみの歌をもって嘆き悲しみ、「われわれはことごとく滅ぼされる、わが民の分は人に与えられる。どうしてこれはわたしから離れるのであろう。われわれの田畑は/われわれを捕えた者の間に分け与えられる」と言う。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 4 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 4 節


ミカ書 2 章 5 節
それゆえ、の会衆のうちには/くじによって測りなわを張る者はひとりもなくなる。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 5 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 5 節


ミカ書 2 章 6 節
彼らは言う、「あなたがたは説してはならない。そのような事について説してはならない。そうすればわれわれはをこうむることがない」と。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 6 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 6 節


ミカ書 2 章 7 節
ヤコブの家よ、そんなことは言えるのだろうか。は気短な方であろうか。これらはのみわざなのであろうか。わが言葉正しく歩む者に、益とならないのであろうか。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 7 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 7 節


ミカ書 2 章 8 節
ところが、あなたがたは立ってわが民のとなり、いくさのことを知らずに、安らかぎゆく者から、平和な者から、上着をはぎ取り、
[pdfファイル] ミカ書 2 章 8 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 8 節


ミカ書 2 章 9 節
わが民の女たちをその楽しい家から追い出し、その子どもから、わが栄えをとこしえに奪う。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 9 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 9 節


ミカ書 2 章 10 節
立って去れ、これはあなたがたの休み場所ではない。これは汚れのゆえに滅びる。その滅びは悲惨な滅びだ。
[pdfファイル] ミカ書 2 章 10 節
[jpegファイル] ミカ書 2 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
不義   淫行   贖罪   祝い   空腹   確実   嗣業      そしり   正しく   悪霊   聖地   紅海   永久         出産   名誉   誓い   真心   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.