聖書>旧約>小預言書>ミカ書

ミカ書 6 章(全 16 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
ミカ書 6 章 1 節
あなたがたは/の言われることを聞き、立ちあがって、もろもろの山の前に訴えをのべ、もろもろの丘にあなたの声を聞かせよ。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 1 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 1 節


ミカ書 6 章 2 節
もろもろの山よ、地の変ることなき基よ、の言い争いを聞け。はその民と言い争い、イスラエルと論争されるからである。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 2 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 2 節


ミカ書 6 章 3 節
「わが民よ、わたしはあなたに何をなしたか、何によってあなたを疲れさせたか、わたしに答えよ。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 3 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 3 節


ミカ書 6 章 4 節
わたしはエジプトの国からあなたを導きのぼり、奴隷の家からあなたをあがない出し、モーセ、アロンおよびミリアムをつかわして、あなたに先だたせた。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 4 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 4 節


ミカ書 6 章 5 節
わが民よ、モアブのバラクがたくらんだ事、ベオルのバラムが彼に答えた事、シッテムからギルガルに至るまでに/起った事どもを思い起せ。そうすれば、あなたは正義のみわざを/知るであろう」。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 5 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 5 節


ミカ書 6 章 6 節
「わたしは何をもってのみ前に行き、高きを拝すべきか。燔祭および当歳の牛をもって/そのみ前に行くべきか。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 6 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 6 節


ミカ書 6 章 7 節
は数千の雄、万流のを喜ばれるだろうか。わがとがのためにわが長子をささぐべきか。わが魂ののためにわが身をささぐべきか」。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 7 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 7 節


ミカ書 6 章 8 節
人よ、彼はさきによい事のなんであるかを/あなたに告げられた。のあなたに求められることは、ただ公義をおこない、いつくしみし、へりくだってあなたの共に歩むことではないか。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 8 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 8 節


ミカ書 6 章 9 節
の声が町にむかって呼ばわる――全き知恵はあなたのを恐れることである――「部族および町の会衆よ、聞け。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 9 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 9 節


ミカ書 6 章 10 節
わたしは悪人の家にある不義の財、のろうべき不正な枡を忘れ得ようか。
[pdfファイル] ミカ書 6 章 10 節
[jpegファイル] ミカ書 6 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
親切   流出   わが身   淫乱   起き   うわさ   富める   教師   名声   苦しむ   苦痛   一緒   なまけ者         香油   反対   漁夫   夜警      
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.