聖書>旧約>歴史書>ネヘミヤ記

ネヘミヤ記 13 章(全 31 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4 
ネヘミヤ記 13 章 1 節
その日モーセの書を読んで民に聞かせたが、その中にアンモンびと、およびモアブびとは、いつまでもの会に、はいってはならないとしるされているのを見いだした。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 1 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 1 節


ネヘミヤ記 13 章 2 節
これは彼らがかつて、パンとをもってイスラエルの人々を迎えず、かえってこれをのろわせるためにバラムを雇ったからである。しかしわれわれのはそののろいを変えて祝福とされた。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 2 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 2 節


ネヘミヤ記 13 章 3 節
人々はこの律法を聞いた時、混の民をことごとくイスラエルから分け離した。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 3 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 3 節


ネヘミヤ記 13 章 4 節
これより先、われわれのの宮のへやをつかさどっていた祭司エリアシブは、トビヤと縁組したので、
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 4 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 4 節


ネヘミヤ記 13 章 5 節
トビヤのために大きなへやを備えた。そのへやはもと、素祭の物、乳、器物および規定によってレビびと、歌うたう者および門を守る者たちに与える穀物、ぶどう酒、の十分の一、ならびに祭司のためのささげ物を置いた所である。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 5 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 5 節


ネヘミヤ記 13 章 6 節
その当時、わたしはエルサレムにいなかった。わたしはバビロンのアルタシャスタの三十二年にの所へ行ったが、しばらくたってにいとまを請い、
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 6 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 6 節


ネヘミヤ記 13 章 7 節
エルサレムに来て、エリアシブがトビヤのためにした悪事、すなわち彼のためにの宮の庭に一つのへやを備えたことを発見した。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 7 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 7 節


ネヘミヤ記 13 章 8 節
わたしは非常に怒り、トビヤの家の器物をことごとくそのへやから投げだし、
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 8 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 8 節


ネヘミヤ記 13 章 9 節
命じて、すべてのへやを清めさせ、そしての宮の器物および素祭、乳などを再びそこに携え入れた。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 9 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 9 節


ネヘミヤ記 13 章 10 節
わたしはまたレビびとがその受くべき分を与えられていなかったことを知った。これがためにその務をなすレビびとおよび歌うたう者たちは、おのおの自分の畑に逃げ帰った。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 13 章 10 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 13 章 10 節



 1  2  3  4 
おすすめキーワード
節制   使徒   いつくしみ   追い求める   イスラエル   聖徒   父祖   非道   ささげ   無知      奴隷   盲人   もう一度   反逆   議会   御霊   お告げ   民族      
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.