聖書>旧約>歴史書>ネヘミヤ記

ネヘミヤ記 2 章(全 20 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
ネヘミヤ記 2 章 1 節
アルタシャスタの第二十年、ニサンのに、の前に酒が出た時、わたしは酒をついでささげた。これまでわたしはの前で悲しげな顔をしていたことはなかった。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 1 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 1 節


ネヘミヤ記 2 章 2 節
はわたしに言われた、「あなたは病気でもないのにどうして悲しげな顔をしているのか。何かに悲しみをもっているにちがいない」。そこでわたしは大いに恐れて、
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 2 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 2 節


ネヘミヤ記 2 章 3 節
に申しあげた、「どうぞよ、長生きされますように。わたしの先祖の墳墓の地であるあの町は荒廃し、その門が火で焼かれたままであるのに、どうしてわたしは悲しげな顔をしないでいられましょうか」。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 3 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 3 節


ネヘミヤ記 2 章 4 節
はわたしにむかって、「それでは、あなたは何を願うのか」と言われたので、わたしはに祈って、
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 4 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 4 節


ネヘミヤ記 2 章 5 節
に申しあげた、「もしがよしとされ、しもべがあなたの前に恵みを得ますならば、どうかわたしを、ユダにあるわたしの先祖の墳墓の町につかわして、それを再建させてください」。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 5 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 5 節


ネヘミヤ記 2 章 6 節
時に王妃もかたわらに座していたが、はわたしに言われた、「あなたの旅の期間はどれほどですか。いつごろ帰ってきますか」。こうしてがわたしをつかわすことをよしとされたので、わたしは期間を定めてに申しあげた。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 6 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 6 節


ネヘミヤ記 2 章 7 節
わたしはまたに申しあげた、「もしがよしとされるならば、川向こうの州の知事たちに与える手紙をわたしに賜わり、わたしがユダに行きつくまで、彼らがわたしを通させるようにしてください。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 7 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 7 節


ネヘミヤ記 2 章 8 節
またの山林を管理するアサフに与える手紙をも賜わり、殿に属する城の門を建てるため、また町の石がき、およびわたしの住むべき家を建てるために用いる材木をわたしに与えるようにしてください」。わたしのがよくわたしを助けられたので、はわたしの願いを許された。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 8 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 8 節


ネヘミヤ記 2 章 9 節
そこでわたしは川向こうの州の知事たちの所へ行って、の手紙を渡した。なおは軍の長および騎兵をわたしと共につかわした。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 9 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 9 節


ネヘミヤ記 2 章 10 節
ところがホロニびとサンバラテおよびアンモンびと奴隷トビヤはこれを聞き、イスラエル子孫の福祉を求める人が来たというので、大いに感情を害した。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 10 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
求めよ   携え   不可能   聖徒   復讐   公平      威嚇   審判   栄華   求めよ   あけぼの   思いなおせ   求め   霊魂   善人   怠惰   老い   按手      
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.