聖書>旧約>モーセ5書>民数記

民数記 11 章(全 35 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4 
民数記 11 章 1 節
さて、民は災難に会っている人のように、の耳につぶやいた。はこれを聞いて怒りを発せられ、の火が彼らのうちに燃えあがって、宿営の端を焼いた。
[pdfファイル] 民数記 11 章 1 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 1 節


民数記 11 章 2 節
そこで民はモーセにむかって叫んだ。モーセがに祈ったので、その火はしずまった。
[pdfファイル] 民数記 11 章 2 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 2 節


民数記 11 章 3 節
の火が彼らのうちに燃えあがったことによって、その所のはタベラと呼ばれた。
[pdfファイル] 民数記 11 章 3 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 3 節


民数記 11 章 4 節
また彼らのうちにいた多くの寄り集まりびとはを起し、イスラエルの人々もまた再び泣いて言った、「ああ、肉が食べたい。
[pdfファイル] 民数記 11 章 4 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 4 節


民数記 11 章 5 節
われわれは思い起すが、エジプトでは、ただで、を食べた。きゅうりも、すいかも、にらも、たまねぎも、そして、にんにくも。
[pdfファイル] 民数記 11 章 5 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 5 節


民数記 11 章 6 節
しかし、いま、われわれの精根は尽きた。われわれの目の前には、このマナのほか何もない」。
[pdfファイル] 民数記 11 章 6 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 6 節


民数記 11 章 7 節
マナは、こえんどろの実のようで、色はブドラクの色のようであった。
[pdfファイル] 民数記 11 章 7 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 7 節


民数記 11 章 8 節
民は歩きまわって、これを集め、ひきうすでひき、または、うすでつき、かまで煮て、これをもちとした。その味はの味のようであった。
[pdfファイル] 民数記 11 章 8 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 8 節


民数記 11 章 9 節
夜、宿営の露がおりるとき、マナはそれと共に降った。
[pdfファイル] 民数記 11 章 9 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 9 節


民数記 11 章 10 節
モーセは、民が家ごとに、おのおのその幕の入口で泣くのを聞いた。そこでは激しく怒られ、またモーセは不快に思った。
[pdfファイル] 民数記 11 章 10 節
[jpegファイル] 民数記 11 章 10 節



 1  2  3  4 
おすすめキーワード
しるし   ささげ   よこしま   父祖   わが身   偽り   悪人   悪しき   威嚇      悩み   謙虚   貧しい   そしり   不正   うわべ   聖歌   天上   不信心      
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.