聖書>旧約>モーセ5書>民数記

民数記 12 章(全 16 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
民数記 12 章 1 節
モーセはクシの女をめとっていたが、そのクシの女をめとったゆえをもって、ミリアムとアロンはモーセを非難した。
[pdfファイル] 民数記 12 章 1 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 1 節


民数記 12 章 2 節
彼らは言った、「はただモーセによってられるのか。われわれによってもられるのではないのか」。はこれを聞かれた。
[pdfファイル] 民数記 12 章 2 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 2 節


民数記 12 章 3 節
モーセはその人となり柔和なこと、地上のすべての人にまさっていた。
[pdfファイル] 民数記 12 章 3 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 3 節


民数記 12 章 4 節
そこで、は突然モーセとアロン、およびミリアムにむかって「あなたがた三人、会見の幕屋に出てきなさい」と言われたので、彼ら三人は出てきたが、
[pdfファイル] 民数記 12 章 4 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 4 節


民数記 12 章 5 節
の柱のうちにあって下り、幕屋の入口に立って、アロンとミリアムを呼ばれた。彼らふたりが進み出ると、
[pdfファイル] 民数記 12 章 5 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 5 節


民数記 12 章 6 節
彼らに言われた、「あなたがたは、いま、わたしの言葉を聞きなさい。あなたがたのうちに、もし、預言者があるならば、なるわたしはをもって、これにわたしを知らせ、またをもって、これと語るであろう。
[pdfファイル] 民数記 12 章 6 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 6 節


民数記 12 章 7 節
しかし、わたしのしもべモーセとは、そうではない。彼はわたしの全家に忠信なる者である。
[pdfファイル] 民数記 12 章 7 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 7 節


民数記 12 章 8 節
彼とは、わたしは口ずからり、明らかに言って、なぞを使わない。彼はまたの形を見るのである。なぜ、あなたがたはわたしのしもべモーセを恐れず非難するのか」。
[pdfファイル] 民数記 12 章 8 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 8 節


民数記 12 章 9 節
は彼らにむかい怒りを発して去られた。
[pdfファイル] 民数記 12 章 9 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 9 節


民数記 12 章 10 節
が幕屋の上を離れ去った時、ミリアムは、重い皮膚病となり、その身は雪のように白くなった。アロンがふり返ってミリアムを見ると、彼女は重い皮膚病になっていた。
[pdfファイル] 民数記 12 章 10 節
[jpegファイル] 民数記 12 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
祭司   復讐   威嚇   夜警   苦労   来臨   さいわい   喜び   犠牲   非道      聖者   従う   見張り      悪知恵   知識      悩み   悔い改めよ   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.