聖書>旧約>モーセ5書>民数記

民数記 2 章(全 34 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4 
民数記 2 章 1 節
はモーセとアロンに言われた、
[pdfファイル] 民数記 2 章 1 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 1 節


民数記 2 章 2 節
イスラエルの人々は、おのおのその部隊の旗のもとに、その父祖の家の旗印にしたがって宿営しなければならない。また会見の幕屋のまわりに、それに向かって宿営しなければならない。
[pdfファイル] 民数記 2 章 2 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 2 節


民数記 2 章 3 節
すなわち、日の出る方、東に宿営するものは、ユダの宿営の旗につく者であって、その部隊にしたがって宿営し、アミナダブのナションが、ユダのたちのつかさとなるであろう。
[pdfファイル] 民数記 2 章 3 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 3 節


民数記 2 章 4 節
その部隊、すなわち、数えられた者は七万四千六百人である。
[pdfファイル] 民数記 2 章 4 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 4 節


民数記 2 章 5 節
そのかたわらに宿営する者はイッサカルの部族で、ツアルのネタニエルが、イッサカルのたちのつかさとなるであろう。
[pdfファイル] 民数記 2 章 5 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 5 節


民数記 2 章 6 節
その部隊、すなわち、数えられた者は五万四千四百人である。
[pdfファイル] 民数記 2 章 6 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 6 節


民数記 2 章 7 節
次はゼブルンの部族で、ヘロンのエリアブが、ゼブルンのたちのつかさとなるであろう。
[pdfファイル] 民数記 2 章 7 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 7 節


民数記 2 章 8 節
その部隊、すなわち、数えられた者は五万七千四百人である。
[pdfファイル] 民数記 2 章 8 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 8 節


民数記 2 章 9 節
ユダの宿営の、その部隊にしたがって数えられた者は、合わせて十八万六千四百人である。これらの者は、まっ先に進まなければならない。
[pdfファイル] 民数記 2 章 9 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 9 節


民数記 2 章 10 節
の方では、ルベンの宿営の旗につく者が、その部隊にしたがっており、シデウルのエリヅルが、ルベンのたちのつかさとなるであろう。
[pdfファイル] 民数記 2 章 10 節
[jpegファイル] 民数記 2 章 10 節



 1  2  3  4 
おすすめキーワード
   あがなう   忠信   あざけり   十字架   真理   獄屋      異邦   忍耐   解き明かし      使者      伝道         わらべ   判断   わざ   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.