聖書>旧約>モーセ5書>民数記

民数記 25 章(全 18 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
民数記 25 章 1 節
イスラエルはシッテムにとどまっていたが、民はモアブの娘たちと、みだらな事をし始めた。
[pdfファイル] 民数記 25 章 1 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 1 節


民数記 25 章 2 節
その娘たちが々に犠牲ささげる時に民を招くと、民は一緒にそれを食べ、娘たちの々を拝んだ。
[pdfファイル] 民数記 25 章 2 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 2 節


民数記 25 章 3 節
イスラエルはこうしてペオルのバアルにつきしたがったので、イスラエルにむかって怒りを発せられた。
[pdfファイル] 民数記 25 章 3 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 3 節


民数記 25 章 4 節
そしてはモーセに言われた、「民の首領をことごとく捕え、日のあるうちにその人々をの前で処刑しなさい。そうすれば怒りイスラエルを離れるであろう」。
[pdfファイル] 民数記 25 章 4 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 4 節


民数記 25 章 5 節
モーセはイスラエルさばきびとたちにむかって言った、「あなたがたはおのおの、配下の者どもでペオルのバアルにつきしたがったものを殺しなさい」。
[pdfファイル] 民数記 25 章 5 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 5 節


民数記 25 章 6 節
モーセとイスラエルの人々の全会衆とが会見の幕屋の入口で泣いていた時、彼らの目の前で、ひとりのイスラエルびとが、その兄弟たちの中に、ひとりのミデアンの女を連れてきた。
[pdfファイル] 民数記 25 章 6 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 6 節


民数記 25 章 7 節
祭司アロンのなるエレアザルのピネハスはこれを見て、会衆のうちから立ち上がり、やりを手に執り、
[pdfファイル] 民数記 25 章 7 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 7 節


民数記 25 章 8 節
そのイスラエルの人の後を追って、奥の間に入り、そのイスラエルの人を突き、またその女の腹を突き通して、ふたりを殺した。こうして疫病イスラエルの人々に及ぶのがやんだ。
[pdfファイル] 民数記 25 章 8 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 8 節


民数記 25 章 9 節
しかし、その疫病んだ者は二万四千人であった。
[pdfファイル] 民数記 25 章 9 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 9 節


民数記 25 章 10 節
はモーセに言われた、
[pdfファイル] 民数記 25 章 10 節
[jpegファイル] 民数記 25 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
公正   父祖   わが家   恵み      堕落   愛らしい   福音   虚偽   安らか   つかえ   聖者      試錬   あやまち   恨み   善行   永久   貧乏   慰め   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.