聖書>旧約>モーセ5書>民数記

民数記 27 章(全 23 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
民数記 27 章 1 節
さて、ヨセフのマナセの氏族のうちのヘペルの、ゼロペハデの娘たちが訴えてきた。ヘペルはギレアデの、ギレアデはマキルの、マキルはマナセのである。その娘たちはをマアラ、ノア、ホグラ、ミルカ、テルザといったが、
[pdfファイル] 民数記 27 章 1 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 1 節


民数記 27 章 2 節
彼らは会見の幕屋の入口でモーセと、祭司エレアザルと、つかさたちと全会衆との前に立って言った、
[pdfファイル] 民数記 27 章 2 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 2 節


民数記 27 章 3 節
「わたしたちの荒野にました。彼は、コラの仲間となってに逆らった者どもの仲間のうちには加わりませんでした。彼は自分のによってんだのですが、男のがありませんでした。
[pdfファイル] 民数記 27 章 3 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 3 節


民数記 27 章 4 節
男のがないからといって、どうしてわたしたちのがその氏族のうちから削られなければならないのでしょうか。わたしたちのの兄弟と同じように、わたしたちにも所有地を与えてください」。
[pdfファイル] 民数記 27 章 4 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 4 節


民数記 27 章 5 節
モーセがその事をの前に述べると、
[pdfファイル] 民数記 27 章 5 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 5 節


民数記 27 章 6 節
はモーセに言われた、
[pdfファイル] 民数記 27 章 6 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 6 節


民数記 27 章 7 節
「ゼロペハデの娘たちの言うことは正しい。あなたは必ず彼らのの兄弟たちと同じように、彼らにも嗣業の所有地を与えなければならない。すなわち、その嗣業を彼らに渡さなければならない。
[pdfファイル] 民数記 27 章 7 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 7 節


民数記 27 章 8 節
あなたはイスラエルの人々に言いなさい、『もし人がんで、男のがない時は、その嗣業を娘に渡さなければならない。
[pdfファイル] 民数記 27 章 8 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 8 節


民数記 27 章 9 節
もしまた娘もない時は、その嗣業を兄弟に与えなければならない。
[pdfファイル] 民数記 27 章 9 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 9 節


民数記 27 章 10 節
もし兄弟もない時は、その嗣業の兄弟に与えなければならない。
[pdfファイル] 民数記 27 章 10 節
[jpegファイル] 民数記 27 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
信仰      あわれみ   欲望   裏切り者   魔術      愛する      むなしき   勢力   いつくしみ   使者   善良   起き      わな   マリヤ   慎み   初子   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.