聖書>旧約>モーセ5書>民数記

民数記 4 章(全 49 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4  5 
民数記 4 章 1 節
はまたモーセとアロンに言われた、
[pdfファイル] 民数記 4 章 1 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 1 節


民数記 4 章 2 節
「レビのたちのうちから、コハテのたちの総数を、その氏族により、その父祖の家にしたがって調べ、
[pdfファイル] 民数記 4 章 2 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 2 節


民数記 4 章 3 節
三十歳以上五十歳以下で、務につき、会見の幕屋で働くことのできる者を、ことごとく数えなさい。
[pdfファイル] 民数記 4 章 3 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 3 節


民数記 4 章 4 節
コハテのたちの、会見の幕屋の務は、いと聖なる物にかかわるものであって、次のとおりである。
[pdfファイル] 民数記 4 章 4 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 4 節


民数記 4 章 5 節
すなわち、宿営の進む時に、アロンとそのたちとは、まず、はいって、隔ての垂幕を取りおろし、それをもって、あかしの箱をおおい、
[pdfファイル] 民数記 4 章 5 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 5 節


民数記 4 章 6 節
その上に、じゅごんの皮のおおいを施し、またその上に総青色の布をうちかけ、環にさおをさし入れる。
[pdfファイル] 民数記 4 章 6 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 6 節


民数記 4 章 7 節
また供えのパンの机の上には、青色の布をうちかけ、その上に、さら、乳を盛る杯、鉢、および灌祭の瓶を並べ、また絶やさず供えるパンを置き、
[pdfファイル] 民数記 4 章 7 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 7 節


民数記 4 章 8 節
緋色の布をその上にうちかけ、じゅごんの皮のおおいをもって、これをおおい、さおをさし入れる。
[pdfファイル] 民数記 4 章 8 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 8 節


民数記 4 章 9 節
また青色の布を取って、燭台とそのともし火ざら、芯切りばさみ、芯取りざら、およびそれに用いるもろもろのの器をおおい、
[pdfファイル] 民数記 4 章 9 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 9 節


民数記 4 章 10 節
じゅごんの皮のおおいのうちに、燭台とそのもろもろの器をいれて、担架に載せる。
[pdfファイル] 民数記 4 章 10 節
[jpegファイル] 民数記 4 章 10 節



 1  2  3  4  5 
おすすめキーワード
報復   約束   審判   忍び   わざ   賄賂   霊魂      不可能   無知   怠惰   紅海   滅び   贖罪   賢い   不思議   ねたみ   お告げ   慎み   背信   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.