聖書>旧約>モーセ5書>民数記

民数記 6 章(全 27 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
民数記 6 章 1 節
はまたモーセに言われた、
[pdfファイル] 民数記 6 章 1 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 1 節


民数記 6 章 2 節
イスラエルの人々に言いなさい、『男または女が、特に誓いを立て、ナジルびととなる誓願をして、身をに聖別する時は、
[pdfファイル] 民数記 6 章 2 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 2 節


民数記 6 章 3 節
ぶどう酒と濃い酒を断ち、ぶどう酒の酢となったもの、濃い酒の酢となったものを飲まず、また、ぶどうの汁を飲まず、また生でも干したものでも、ぶどうを食べてはならない。
[pdfファイル] 民数記 6 章 3 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 3 節


民数記 6 章 4 節
ナジルびとである間は、すべて、ぶどうの木からできるものは、も皮も食べてはならない。
[pdfファイル] 民数記 6 章 4 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 4 節


民数記 6 章 5 節
また、ナジルびとたる誓願を立てている間は、すべて、かみそりを頭に当ててはならない。身をに聖別した日数の満ちるまで、彼は聖なるものであるから、髪の毛をのばしておかなければならない。
[pdfファイル] 民数記 6 章 5 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 5 節


民数記 6 章 6 節
身をに聖別している間は、すべて死体に近づいてはならない。
[pdfファイル] 民数記 6 章 6 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 6 節


民数記 6 章 7 節
父母、兄弟、姉妹んだ時でも、そのために身を汚してはならない。に聖別したしるしが、頭にあるからである。
[pdfファイル] 民数記 6 章 7 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 7 節


民数記 6 章 8 節
彼はナジルびとである間は、すべての聖なる者である。
[pdfファイル] 民数記 6 章 8 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 8 節


民数記 6 章 9 節
もし人がはからずも彼のかたわらにんで、彼の聖別した頭を汚したならば、彼は身を清める日に、頭をそらなければならない。すなわち、七日目にそれをそらなければならない。  
[pdfファイル] 民数記 6 章 9 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 9 節


民数記 6 章 10 節
そして八日目に山ばと二羽、または家ばとのひな二羽を携えて、会見の幕屋の入口におる祭司の所に行かなければならない。
[pdfファイル] 民数記 6 章 10 節
[jpegファイル] 民数記 6 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
起き   愚か      紅海   教会   軍隊      威嚇      病人   栄光   威光      御言   農夫   民族   おとめ   夜明け         
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.