聖書>新約>ヨハネの黙示録

ヨハネの黙示録 13 章(全 18 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
ヨハネの黙示録 13 章 1 節
わたしはまた、一匹の獣が海から上って来るのを見た。それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、頭にはを汚すがついていた。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 1 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 1 節


ヨハネの黙示録 13 章 2 節
わたしの見たこの獣はひょうに似ており、その足はくまの足のようで、その口はししの口のようであった。龍は自分の力と位と大いなる権威とを、この獣に与えた。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 2 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 2 節


ヨハネの黙示録 13 章 3 節
その頭の一つが、ぬほどの傷を受けたが、その致命的な傷もなおってしまった。そこで、全地の人々は驚きおそれて、その獣に従い、
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 3 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 3 節


ヨハネの黙示録 13 章 4 節
また、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、さらに、その獣を拝んで言った、「だれが、この獣に匹し得ようか。だれが、これと戦うことができようか」。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 4 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 4 節


ヨハネの黙示録 13 章 5 節
この獣には、また、大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二かのあいだ活動する権威が与えられた。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 5 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 5 節


ヨハネの黙示録 13 章 6 節
そこで、彼は口を開いてを汚し、の御と、その幕屋、すなわち、に住む者たちとを汚した。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 6 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 6 節


ヨハネの黙示録 13 章 7 節
そして彼は、聖徒に戦いをいどんでこれに勝つことを許され、さらに、すべての部族、民族、国、国民を支配する権威を与えられた。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 7 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 7 節


ヨハネの黙示録 13 章 8 節
地に住む者で、ほふられた小いのちの書に、そのを世の初めからしるされていない者はみな、この獣を拝むであろう。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 8 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 8 節


ヨハネの黙示録 13 章 9 節
耳のある者は、聞くがよい。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 9 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 9 節


ヨハネの黙示録 13 章 10 節
とりこになるべき者は、とりこになっていく。つるぎで殺す者は、自らもつるぎで殺されねばならない。ここに、聖徒たちの忍耐信仰とがある。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 13 章 10 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 13 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
親しい   あわれん   苦しみ   わな   領主   十字架   無慈悲   試錬   獄屋      柔和   万物   判断   出産   うそ   なまけ者   不誠実   欺く   なまけ者   いちじく   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.