聖書>新約>ヨハネの黙示録

ヨハネの黙示録 14 章(全 20 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
ヨハネの黙示録 14 章 1 節
なお、わたしが見ていると、見よ、小がシオンの山に立っていた。また、十四万四千の人々が小共におり、その額に小とそのとが書かれていた。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 1 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 1 節


ヨハネの黙示録 14 章 2 節
またわたしは、大水のとどろきのような、激しい雷鳴のような声が、から出るのを聞いた。わたしの聞いたその声は、琴をひく人が立琴をひく音のようでもあった。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 2 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 2 節


ヨハネの黙示録 14 章 3 節
彼らは、御座の前、四つの生き物と長老たちとの前で、新しい歌を歌った。この歌は、地からあがなわれた十四万四千人のほかは、だれも学ぶことができなかった。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 3 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 3 節


ヨハネの黙示録 14 章 4 節
彼らは、女にふれたことのない者である。彼らは、純潔な者である。そして、小の行く所へは、どこへでもついて行く。彼らは、と小とにささげられる初穂として、人間の中からあがなわれた者である。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 4 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 4 節


ヨハネの黙示録 14 章 5 節
彼らの口には偽りがなく、彼らは傷のない者であった。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 5 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 5 節


ヨハネの黙示録 14 章 6 節
わたしは、もうひとりの御使が中空を飛ぶのを見た。彼は地に住む者、すなわち、あらゆる国民、部族、国民族に宣べ伝えるために、永遠福音をたずさえてきて、
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 6 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 6 節


ヨハネの黙示録 14 章 7 節
大声で言った、「をおそれ、栄光を帰せよ。さばきの時がきたからである。と地と海との源とを造られたかたを、伏し拝め」。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 7 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 7 節


ヨハネの黙示録 14 章 8 節
また、ほかの第二の御使が、続いてきて言った、「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。その不品行に対する激しい怒りのぶどう酒を、あらゆる国民に飲ませた者」。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 8 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 8 節


ヨハネの黙示録 14 章 9 節
ほかの第三の御使が彼らに続いてきて、大声で言った、「おおよそ、獣とその像とを拝み、額や手に刻印を受ける者は、
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 9 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 9 節


ヨハネの黙示録 14 章 10 節
怒りの杯に混ぜものなしに盛られた、の激しい怒りのぶどう酒を飲み、聖なる御使たちと小との前で、火と硫黄とで苦しめられる。
[pdfファイル] ヨハネの黙示録 14 章 10 節
[jpegファイル] ヨハネの黙示録 14 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
慎ん      反逆   苦しめ      熱心   富む   教訓   汚らわしい   誘惑   患難   わが家   謙虚   確実   不可能   富む   祭壇   偶像   父上   不誠実   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.