聖書>旧約>歴史書>ルツ記

ルツ記 1 章(全 22 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
ルツ記 1 章 1 節
さばきづかさが世を治めているころ、国に飢きんがあったので、ひとりの人がその妻とふたりの男のを連れてユダのベツレヘムを去り、モアブの地へ行ってそこに滞在した。
[pdfファイル] ルツ記 1 章 1 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 1 節


ルツ記 1 章 2 節
その人のはエリメレク、妻のはナオミ、ふたりの男のはマロンとキリオンといい、ユダのベツレヘムのエフラタびとであった。彼らはモアブの地へ行って、そこにおったが、
[pdfファイル] ルツ記 1 章 2 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 2 節


ルツ記 1 章 3 節
ナオミの夫エリメレクはんで、ナオミとふたりの男のが残された。
[pdfファイル] ルツ記 1 章 3 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 3 節


ルツ記 1 章 4 節
ふたりの男のはそれぞれモアブの女を妻に迎えた。そのひとりのはオルパといい、ひとりのはルツといった。彼らはそこに十年ほど住んでいたが、
[pdfファイル] ルツ記 1 章 4 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 4 節


ルツ記 1 章 5 節
マロンとキリオンのふたりもまたんだ。こうしてナオミはふたりのと夫とに先だたれた。
[pdfファイル] ルツ記 1 章 5 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 5 節


ルツ記 1 章 6 節
その時、ナオミはモアブの地で、がその民を顧みて、すでに食物をお与えになっていることを聞いたので、その嫁と共に立って、モアブの地からふるさとへ帰ろうとした。
[pdfファイル] ルツ記 1 章 6 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 6 節


ルツ記 1 章 7 節
そこで彼女は今いる所を出立し、ユダの地へ帰ろうと、ふたりの嫁を連れて道に進んだ。
[pdfファイル] ルツ記 1 章 7 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 7 節


ルツ記 1 章 8 節
しかしナオミはふたりの嫁に言った、「あなたがたは、それぞれ自分のの家に帰って行きなさい。あなたがたが、んだふたりのとわたしに親切をつくしたように、どうぞ、があなたがたに、いつくしみを賜わりますよう。
[pdfファイル] ルツ記 1 章 8 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 8 節


ルツ記 1 章 9 節
どうぞ、があなたがたに夫を与え、夫の家で、それぞれ身の落ち着き所を得させられるように」。こう言って、ふたりの嫁に口づけしたので、彼らは声をあげて泣き
[pdfファイル] ルツ記 1 章 9 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 9 節


ルツ記 1 章 10 節
ナオミに言った、「いいえ、わたしたちは一緒にあなたの民のところへ帰ります」。
[pdfファイル] ルツ記 1 章 10 節
[jpegファイル] ルツ記 1 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
イサク   天上      起きよ   背信   あわれん   欲望      思慮   きよい   負債   貧しく   信仰   祭壇   マリヤ   王妃   恋人   権力   子供   御国   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.