聖書>旧約>歴史書>ルツ記

ルツ記 3 章(全 18 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
ルツ記 3 章 1 節
時にしゅうとめナオミは彼女に言った、「娘よ、わたしはあなたの落ち着き所を求めて、あなたをしあわせにすべきではないでしょうか。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 1 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 1 節


ルツ記 3 章 2 節
あなたが一緒に働いた女たちの主人ボアズはわたしたちの親戚ではありませんか。彼は今夜、打ち場で大麦をあおぎ分けます。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 2 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 2 節


ルツ記 3 章 3 節
それであなたは身を洗ってをぬり、晴れ着をまとって打ち場に下って行きなさい。ただ、あなたはその人が飲み食いを終るまで、その人に知られてはなりません。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 3 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 3 節


ルツ記 3 章 4 節
そしてその人が寝る時、その寝る場所を見定め、はいって行って、その足の所をまくって、そこに寝なさい。彼はあなたのすべきことを知らせるでしょう」。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 4 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 4 節


ルツ記 3 章 5 節
ルツはしゅうとめに言った、「あなたのおっしゃることを皆いたしましょう」。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 5 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 5 節


ルツ記 3 章 6 節
こうして彼女は打ち場に下り、すべてしゅうとめが命じたとおりにした。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 6 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 6 節


ルツ記 3 章 7 節
ボアズは飲み食いして、をたのしませたあとで、麦を積んである場所のかたわらへ行って寝た。そこで彼女はひそかに行き、ボアズの足の所をまくって、そこに寝た。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 7 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 7 節


ルツ記 3 章 8 節
夜中になって、その人は驚き、起きかえって見ると、ひとりの女が足のところに寝ていたので、
[pdfファイル] ルツ記 3 章 8 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 8 節


ルツ記 3 章 9 節
「あなたはだれですか」と言うと、彼女は答えた、「わたしはあなたのはしためルツです。あなたのすそで、はしためをおおってください。あなたは最も近い親戚です」。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 9 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 9 節


ルツ記 3 章 10 節
ボアズは言った、「娘よ、どうぞ、があなたを祝福されるように。あなたは貧にかかわらず若い人に従い行くことはせず、あなたが最後に示したこの親切は、さきに示した親切にまさっています。
[pdfファイル] ルツ記 3 章 10 節
[jpegファイル] ルツ記 3 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
さいわい      女王   秘密   無知   公平   霊魂   謙虚   熱心      イエス   姦淫   疫病   欺く   笑う   不公平   御言            
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.