検索語:「 マリヤ 」の検索結果 205 件 検索対象:『 聖書 』

 1  2  3  4  5  6  7 

聖書

列王紀上 13 章 32 節
彼が主の命によって、ベテルにある祭壇にむかい、またサマリヤの町々にある高き所のすべての家にむかって呼ばわった言葉は必ず成就するのです」。
[pdfファイル] 列王紀上 13 章 32 節
[jpegファイル] 列王紀上 13 章 32 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 16 章 24 節
彼は銀二タラントでセメルからサマリヤの山を買い、その上に町を建て、その建てた町の名をその山の持ち主であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。
[pdfファイル] 列王紀上 16 章 24 節
[jpegファイル] 列王紀上 16 章 24 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 16 章 28 節
オムリはその先祖と共に眠って、サマリヤに葬られ、その子アハブが代って王となった。
[pdfファイル] 列王紀上 16 章 28 節
[jpegファイル] 列王紀上 16 章 28 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 16 章 29 節
ユダの王アサの第三十八年にオムリの子アハブがイスラエルの王となった。オムリの子アハブはサマリヤで二十二年イスラエルを治めた。
[pdfファイル] 列王紀上 16 章 29 節
[jpegファイル] 列王紀上 16 章 29 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 16 章 32 節
彼はサマリヤに建てたバアルの宮に、バアルのために祭壇を築いた。
[pdfファイル] 列王紀上 16 章 32 節
[jpegファイル] 列王紀上 16 章 32 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 18 章 2 節
エリヤはその身をアハブに示そうとして行った。その時、サマリヤにききんが激しかった。
[pdfファイル] 列王紀上 18 章 2 節
[jpegファイル] 列王紀上 18 章 2 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 20 章 1 節
スリヤの王ベネハダデはその軍勢をことごとく集めた。三十二人の王が彼と共におり、また馬と戦車もあった。彼は上ってサマリヤを囲み、これを攻めた。
[pdfファイル] 列王紀上 20 章 1 節
[jpegファイル] 列王紀上 20 章 1 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 20 章 10 節
ベネハダデは彼に人をつかわして言った、「もしサマリヤのちりが、わたしに従うすべての民の手を満たすに足りるならば、神々がどんなにでも、わたしを罰してくださるように」。
[pdfファイル] 列王紀上 20 章 10 節
[jpegファイル] 列王紀上 20 章 10 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 20 章 17 節
地方の代官の家来たちが先に出ていった。ベネハダデは斥候をつかわしたが、彼らは「サマリヤから人々が出てきた」と報告したので、
[pdfファイル] 列王紀上 20 章 17 節
[jpegファイル] 列王紀上 20 章 17 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 20 章 34 節
ベネハダデは彼に言った、「わたしの父が、あなたの父上から取った町々は返します。またわたしの父がサマリヤに造ったように、あなたはダマスコに、あなたのために市場を設けなさい」。アハブは言った、「わたしはこの契約をもってあなたを帰らせましょう」。こうしてアハブは彼と契約を結び、彼を帰らせた。
[pdfファイル] 列王紀上 20 章 34 節
[jpegファイル] 列王紀上 20 章 34 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 20 章 43 節
イスラエルの王は悲しみ、かつ怒って自分の家におもむき、サマリヤに帰った。
[pdfファイル] 列王紀上 20 章 43 節
[jpegファイル] 列王紀上 20 章 43 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 21 章 1 節
さてエズレルびとナボテはエズレルにぶどう畑をもっていたが、サマリヤの王アハブの宮殿のかたわらにあったので、
[pdfファイル] 列王紀上 21 章 1 節
[jpegファイル] 列王紀上 21 章 1 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 21 章 18 節
「立って、下って行き、サマリヤにいるイスラエルの王アハブに会いなさい。彼はナボテのぶどう畑を取ろうとしてそこへ下っている。
[pdfファイル] 列王紀上 21 章 18 節
[jpegファイル] 列王紀上 21 章 18 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 22 章 10 節
さてイスラエルの王およびユダの王ヨシャパテは王の服を着て、サマリヤの門の入口の広場に、おのおのその王座にすわり、預言者たちは皆その前で預言していた。
[pdfファイル] 列王紀上 22 章 10 節
[jpegファイル] 列王紀上 22 章 10 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 22 章 37 節
王は死んで、サマリヤへ携え行かれた。人々は王をサマリヤに葬った。
[pdfファイル] 列王紀上 22 章 37 節
[jpegファイル] 列王紀上 22 章 37 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀上 22 章 38 節
またその戦車をサマリヤの池で洗ったが、犬がその血をなめた。また遊女がそこで身を洗った。主が言われた言葉のとおりである。
[pdfファイル] 列王紀上 22 章 38 節
[jpegファイル] 列王紀上 22 章 38 節
[ マリヤ ] 列王紀上 を検索


列王紀下 1 章 2 節
さてアハジヤはサマリヤにある高殿のらんかんから落ちて病気になったので、使者をつかわし、「行ってエクロンの神バアル・ゼブブに、この病気がなおるかどうかを尋ねよ」と命じた。
[pdfファイル] 列王紀下 1 章 2 節
[jpegファイル] 列王紀下 1 章 2 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 1 章 3 節
時に、主の使はテシベびとエリヤに言った、「立って、上って行き、サマリヤの王の使者に会って言いなさい、『あなたがたがエクロンの神バアル・ゼブブに尋ねようとして行くのは、イスラエルに神がないためか』。
[pdfファイル] 列王紀下 1 章 3 節
[jpegファイル] 列王紀下 1 章 3 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 2 章 25 節
彼はそこからカルメル山へ行き、そこからサマリヤに帰った。
[pdfファイル] 列王紀下 2 章 25 節
[jpegファイル] 列王紀下 2 章 25 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 3 章 1 節
ユダの王ヨシャパテの第十八年にアハブの子ヨラムはサマリヤでイスラエルの王となり、十二年世を治めた。
[pdfファイル] 列王紀下 3 章 1 節
[jpegファイル] 列王紀下 3 章 1 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 3 章 6 節
そこでヨラム王はその時サマリヤを出て、イスラエルびとをことごとく集め、
[pdfファイル] 列王紀下 3 章 6 節
[jpegファイル] 列王紀下 3 章 6 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 5 章 3 節
その女主人にむかって、「ああ、御主人がサマリヤにいる預言者と共におられたらよかったでしょうに。彼はその重い皮膚病をいやしたことでしょう」と言ったので、
[pdfファイル] 列王紀下 5 章 3 節
[jpegファイル] 列王紀下 5 章 3 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 6 章 19 節
そこでエリシャは彼らに「これはその道ではない。これはその町でもない。わたしについてきなさい。わたしはあなたがたを、あなたがたの尋ねる人の所へ連れて行きましょう」と言って、彼らをサマリヤへ連れて行った。
[pdfファイル] 列王紀下 6 章 19 節
[jpegファイル] 列王紀下 6 章 19 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 6 章 20 節
彼らがサマリヤにはいったとき、エリシャは言った、「主よ、この人々の目を開いて見させてください」。主は彼らの目を開かれたので、彼らが見ると、見よ、彼らはサマリヤのうちに来ていた。
[pdfファイル] 列王紀下 6 章 20 節
[jpegファイル] 列王紀下 6 章 20 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 6 章 24 節
この後スリヤの王ベネハダデはその全軍を集め、上ってきてサマリヤを攻め囲んだので、
[pdfファイル] 列王紀下 6 章 24 節
[jpegファイル] 列王紀下 6 章 24 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 6 章 25 節
サマリヤに激しいききんが起った。すなわち彼らがこれを攻め囲んだので、ついに、ろばの頭一つが銀八十シケルで売られ、はとのふん一カブの四分の一が銀五シケルで売られるようになった。
[pdfファイル] 列王紀下 6 章 25 節
[jpegファイル] 列王紀下 6 章 25 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 7 章 1 節
エリシャは言った、「主の言葉を聞きなさい。主はこう仰せられる、『あすの今ごろサマリヤの門で、麦粉一セアを一シケルで売り、大麦二セアを一シケルで売るようになるであろう』」。
[pdfファイル] 列王紀下 7 章 1 節
[jpegファイル] 列王紀下 7 章 1 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 7 章 18 節
これは神の人が王にむかって、「あすの今ごろ、サマリヤの門で大麦二セアを一シケルで売り、麦粉一セアを一シケルで売るようになるであろう」と言ったときに、
[pdfファイル] 列王紀下 7 章 18 節
[jpegファイル] 列王紀下 7 章 18 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 10 章 1 節
アハブはサマリヤに七十人の子供があった。エヒウは手紙をしたためてサマリヤに送り、町のつかさたちと、長老たちと、アハブの子供の守役たちとに伝えて言った、
[pdfファイル] 列王紀下 10 章 1 節
[jpegファイル] 列王紀下 10 章 1 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


列王紀下 10 章 12 節
さてエヒウは立ってサマリヤへ行ったが、途中、牧者の集まり場で、
[pdfファイル] 列王紀下 10 章 12 節
[jpegファイル] 列王紀下 10 章 12 節
[ マリヤ ] 列王紀下 を検索


 1  2  3  4  5  6  7 
おすすめキーワード
   汚らわしい      収穫   わが子   花婿   注意   天が下         平安   汚れ   指導   むなしく   怠惰   悟り   快楽   しるし   平和   主人   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.