検索語:「 感謝 」の検索結果 187 件 検索対象:『 聖書 』

 1  2  3  4  5  6  7 

聖書

レビ記 7 章 12 節
もしこれを感謝のためにささげるのであれば、油を混ぜた種入れぬ菓子と、油を塗った種入れぬ煎餅と、よく混ぜた麦粉に油を混ぜて作った菓子とを、感謝の犠牲に合わせてささげなければならない。
[pdfファイル] レビ記 7 章 12 節
[jpegファイル] レビ記 7 章 12 節
[ 感謝 ] レビ記 を検索


レビ記 7 章 13 節
また種を入れたパンの菓子をその感謝のための酬恩祭の犠牲に合わせ、供え物としてささげなければならない。
[pdfファイル] レビ記 7 章 13 節
[jpegファイル] レビ記 7 章 13 節
[ 感謝 ] レビ記 を検索


レビ記 7 章 15 節
その感謝のための酬恩祭の犠牲の肉は、その供え物をささげた日のうちに食べなければならない。少しでも明くる朝まで残して置いてはならない。
[pdfファイル] レビ記 7 章 15 節
[jpegファイル] レビ記 7 章 15 節
[ 感謝 ] レビ記 を検索


レビ記 22 章 29 節
あなたがたが感謝の犠牲を主にささげるときは、あなたがたの受け入れられるようにささげなければならない。
[pdfファイル] レビ記 22 章 29 節
[jpegファイル] レビ記 22 章 29 節
[ 感謝 ] レビ記 を検索


申命記 8 章 10 節
あなたは食べて飽き、あなたの神、主がその良い地を賜わったことを感謝するであろう。
[pdfファイル] 申命記 8 章 10 節
[jpegファイル] 申命記 8 章 10 節
[ 感謝 ] 申命記 を検索


歴代誌上 16 章 4 節
ダビデはまたレビびとのうちから主の箱の前に仕える者を立てて、イスラエルの神、主をあがめ、感謝し、ほめたたえさせた。
[pdfファイル] 歴代誌上 16 章 4 節
[jpegファイル] 歴代誌上 16 章 4 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌上 16 章 7 節
その日ダビデは初めてアサフと彼の兄弟たちを立てて、主に感謝をささげさせた。
[pdfファイル] 歴代誌上 16 章 7 節
[jpegファイル] 歴代誌上 16 章 7 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌上 16 章 8 節
主に感謝し、そのみ名を呼び、/そのみわざをもろもろの民の中に知らせよ。
[pdfファイル] 歴代誌上 16 章 8 節
[jpegファイル] 歴代誌上 16 章 8 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌上 16 章 34 節
主に感謝せよ、主は恵みふかく、/そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
[pdfファイル] 歴代誌上 16 章 34 節
[jpegファイル] 歴代誌上 16 章 34 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌上 16 章 35 節
また言え、「われわれの救の神よ、われわれを救い、/もろもろの国民の中から/われわれを集めてお救いください。そうすればあなたの聖なるみ名に感謝し、/あなたの誉を誇るでしょう。
[pdfファイル] 歴代誌上 16 章 35 節
[jpegファイル] 歴代誌上 16 章 35 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌上 16 章 41 節
また彼らとともにヘマン、エドトンおよびほかの選ばれて名をしるされた者どもがいて、主のいつくしみの世々限りなきことについて主に感謝した。
[pdfファイル] 歴代誌上 16 章 41 節
[jpegファイル] 歴代誌上 16 章 41 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌上 23 章 30 節
また朝ごとに立って主に感謝し、さんびし、夕にもまたそのようにし、
[pdfファイル] 歴代誌上 23 章 30 節
[jpegファイル] 歴代誌上 23 章 30 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌上 25 章 3 節
エドトンについては、エドトンの子たちはゲダリヤ、ゼリ、エサヤ、ハシャビヤ、マッタテヤの六人で、琴をもって主に感謝し、かつほめたたえて預言したその父エドトンの指揮の下にあった。
[pdfファイル] 歴代誌上 25 章 3 節
[jpegファイル] 歴代誌上 25 章 3 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌上 29 章 13 節
われわれの神よ、われわれは、いま、あなたに感謝し、あなたの光栄ある名をたたえます。
[pdfファイル] 歴代誌上 29 章 13 節
[jpegファイル] 歴代誌上 29 章 13 節
[ 感謝 ] 歴代誌上 を検索


歴代誌下 5 章 13 節
ラッパ吹く者と歌うたう者とは、ひとりのように声を合わせて主をほめ、感謝した)、そして彼らがラッパと、シンバルとその他の楽器をもって声をふりあげ、主をほめて/「主は恵みあり、/そのあわれみはとこしえに絶えることがない」/と言ったとき、雲はその宮すなわち主の宮に満ちた。
[pdfファイル] 歴代誌下 5 章 13 節
[jpegファイル] 歴代誌下 5 章 13 節
[ 感謝 ] 歴代誌下 を検索


歴代誌下 7 章 3 節
イスラエルの人々はみな火が下ったのを見、また主の栄光が宮に臨んだのを見て、敷石の上で地にひれ伏して拝し、主に感謝して言った、/「主は恵みふかく、/そのいつくしみはとこしえに絶えることがない」。
[pdfファイル] 歴代誌下 7 章 3 節
[jpegファイル] 歴代誌下 7 章 3 節
[ 感謝 ] 歴代誌下 を検索


歴代誌下 7 章 6 節
祭司はその持ち場に立ち、レビびとも主の楽器をとって立った。その楽器はダビデ王が主に感謝するために造ったもので、ダビデが彼らの手によってさんびをささげるとき、「そのいつくしみは、とこしえに絶えることがない」ととなえさせたものである。祭司は彼らの前でラッパを吹き、すべてのイスラエルびとは立っていた。
[pdfファイル] 歴代誌下 7 章 6 節
[jpegファイル] 歴代誌下 7 章 6 節
[ 感謝 ] 歴代誌下 を検索


歴代誌下 20 章 21 節
彼はまた民と相談して人々を任命し、聖なる飾りを着けて軍勢の前に進ませ、主に向かって歌をうたい、かつさんびさせ、/「主に感謝せよ、/そのいつくしみはとこしえに絶えることがない」/と言わせた。
[pdfファイル] 歴代誌下 20 章 21 節
[jpegファイル] 歴代誌下 20 章 21 節
[ 感謝 ] 歴代誌下 を検索


歴代誌下 29 章 31 節
その時、ヒゼキヤは言った、「あなたがたはすでに主に仕えるために身を清めたのであるから、進みよって、主の宮に犠牲と感謝の供え物を携えて来なさい」と。そこで会衆は犠牲と感謝の供え物を携えて来た。また志ある者は皆燔祭を携えて来た。
[pdfファイル] 歴代誌下 29 章 31 節
[jpegファイル] 歴代誌下 29 章 31 節
[ 感謝 ] 歴代誌下 を検索


歴代誌下 30 章 22 節
そしてヒゼキヤは主の勤めによく通じているすべてのレビびとを深くねぎらった。こうして人々は酬恩祭の犠牲をささげ、その先祖の神、主に感謝して、七日のあいだ祭の供え物を食べた。
[pdfファイル] 歴代誌下 30 章 22 節
[jpegファイル] 歴代誌下 30 章 22 節
[ 感謝 ] 歴代誌下 を検索


歴代誌下 31 章 2 節
ヒゼキヤは祭司およびレビびとの班を定め、班ごとにおのおのその勤めに従って、祭司とレビびとに燔祭と酬恩祭をささげさせ、主の営の門で勤めをし、感謝をし、さんびをさせた。
[pdfファイル] 歴代誌下 31 章 2 節
[jpegファイル] 歴代誌下 31 章 2 節
[ 感謝 ] 歴代誌下 を検索


歴代誌下 33 章 16 節
主の祭壇を築き直して、酬恩祭および感謝の犠牲を、その上にささげ、ユダに命じてイスラエルの神、主に仕えさせた。
[pdfファイル] 歴代誌下 33 章 16 節
[jpegファイル] 歴代誌下 33 章 16 節
[ 感謝 ] 歴代誌下 を検索


エズラ記 3 章 11 節
彼らは互に歌いあって主をほめ、かつ感謝し、/「主はめぐみ深く、/そのいつくしみは/とこしえにイスラエルに絶えることがない」/と言った。そして民はみな主をさんびするとき、大声をあげて叫んだ。主の宮の基礎がすえられたからである。
[pdfファイル] エズラ記 3 章 11 節
[jpegファイル] エズラ記 3 章 11 節
[ 感謝 ] エズラ記 を検索


ネヘミヤ記 11 章 17 節
またミカの子マッタニヤがある。ミカはザブデの子、ザブデはアサフの子である。マッタニヤは祈の時に感謝の言葉を唱え始める者である。その兄弟のうちのバクブキヤは彼に次ぐ者であった。またシャンマの子アブダがある。シャンマはガラルの子、ガラルはエドトンの子である。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 11 章 17 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 11 章 17 節
[ 感謝 ] ネヘミヤ記 を検索


ネヘミヤ記 12 章 8 節
レビびとではエシュア、ビンヌイ、カデミエル、セレビヤ、ユダ、マッタニヤで、マッタニヤはその兄弟らと共に感謝のことをつかさどった。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 12 章 8 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 12 章 8 節
[ 感謝 ] ネヘミヤ記 を検索


ネヘミヤ記 12 章 24 節
レビびとのかしらはハシャビヤ、セレビヤおよびカデミエルの子エシュアであって、その兄弟たち相向かい合い、組と組と対応して神の人ダビデの命令に従い、さんびと感謝をささげた。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 12 章 24 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 12 章 24 節
[ 感謝 ] ネヘミヤ記 を検索


ネヘミヤ記 12 章 27 節
さてエルサレムの城壁の落成式に当って、レビびとを、そのすべての所から招いてエルサレムにこさせ、感謝と、歌と、シンバルと、立琴と、琴とをもって喜んで落成式を行おうとした。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 12 章 27 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 12 章 27 節
[ 感謝 ] ネヘミヤ記 を検索


ネヘミヤ記 12 章 31 節
そこでわたしはユダのつかさたちを城壁の上にのぼらせ、また感謝する者の二つの大きな組を作って、行進させた。その一つは城壁の上を右に糞の門をさして進んだ。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 12 章 31 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 12 章 31 節
[ 感謝 ] ネヘミヤ記 を検索


ネヘミヤ記 12 章 38 節
他の一組の感謝する者は左に進んだ。わたしは民の半ばと共に彼らのあとに従った。そして城壁の上を行き、炉の望楼の上を過ぎて、城壁の広い所に至り、
[pdfファイル] ネヘミヤ記 12 章 38 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 12 章 38 節
[ 感謝 ] ネヘミヤ記 を検索


ネヘミヤ記 12 章 40 節
こうして二組の感謝する者は神の宮にはいって立った。わたしもそこに立ち、つかさたちの半ばもわたしと共に立った。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 12 章 40 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 12 章 40 節
[ 感謝 ] ネヘミヤ記 を検索


 1  2  3  4  5  6  7 
おすすめキーワード
姦淫   軍団   異端      そしる   悪口   救主   思慮   願い   卑しい   なまけ者      わざ   盲人   滅び   高慢   貧しい   美しい   天地   思い煩い   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.