検索語:「 清い 」の検索結果 61 件 検索対象:『 聖書 』

 1  2  3 

聖書

創世記 7 章 2 節
あなたはすべての清い獣の中から雄と雌とを七つずつ取り、清くない獣の中から雄と雌とを二つずつ取り、
[pdfファイル] 創世記 7 章 2 節
[jpegファイル] 創世記 7 章 2 節
[ 清い ] 創世記 を検索


創世記 7 章 8 節
また清い獣と、清くない獣と、鳥と、地に這うすべてのものとの、
[pdfファイル] 創世記 7 章 8 節
[jpegファイル] 創世記 7 章 8 節
[ 清い ] 創世記 を検索


創世記 8 章 20 節
ノアは主に祭壇を築いて、すべての清い獣と、すべての清い鳥とのうちから取って、燔祭を祭壇の上にささげた。
[pdfファイル] 創世記 8 章 20 節
[jpegファイル] 創世記 8 章 20 節
[ 清い ] 創世記 を検索


創世記 20 章 6 節
神はまた夢で彼に言われた、「そうです、あなたが清い心をもってこのことをしたのを知っていたから、わたしもあなたを守って、わたしに対して罪を犯させず、彼女にふれることを許さなかったのです。
[pdfファイル] 創世記 20 章 6 節
[jpegファイル] 創世記 20 章 6 節
[ 清い ] 創世記 を検索


レビ記 4 章 12 節
すべてその子牛の残りは、これを宿営の外の、清い場所なる灰捨場に携え出し、火をもってこれをたきぎの上で焼き捨てなければならない。すなわちこれは灰捨場で焼き捨てらるべきである。
[pdfファイル] レビ記 4 章 12 節
[jpegファイル] レビ記 4 章 12 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 7 章 19 節
その肉がもし汚れた物に触れるならば、それを食べることなく、火で焼き捨てなければならない。犠牲の肉はすべて清い者がこれを食べることができる。
[pdfファイル] レビ記 7 章 19 節
[jpegファイル] レビ記 7 章 19 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 10 章 10 節
これはあなたがたが聖なるものと俗なるもの、汚れたものと清いものとの区別をすることができるため、
[pdfファイル] レビ記 10 章 10 節
[jpegファイル] レビ記 10 章 10 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 10 章 14 節
また揺り動かした胸とささげたももとは、あなたとあなたのむすこ、娘たちがこれを清い所で食べなければならない。これはイスラエルの人々の酬恩祭の犠牲の中からあなたの分、あなたの子たちの分として与えられるものだからである。
[pdfファイル] レビ記 10 章 14 節
[jpegファイル] レビ記 10 章 14 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 11 章 47 節
汚れたものと清いもの、食べられる生き物と、食べられない生き物とを区別するものである。
[pdfファイル] レビ記 11 章 47 節
[jpegファイル] レビ記 11 章 47 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 6 節
七日目に祭司は再びその人を見て、患部がもし薄らぎ、また患部が皮に広がっていないならば、祭司はこれを清い者としなければならない。これは吹出物である。その人は衣服を洗わなければならない。そして清くなるであろう。
[pdfファイル] レビ記 13 章 6 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 6 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 7 節
しかし、その人が祭司に見せて清い者とされた後に、その吹出物が皮に広くひろがるならば、再び祭司にその身を見せなければならない。
[pdfファイル] レビ記 13 章 7 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 7 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 13 節
祭司はこれを見、その皮膚病がその身をことごとくおおっておれば、その患者を清い者としなければならない。それはことごとく白く変ったから、彼は清い者である。
[pdfファイル] レビ記 13 章 13 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 13 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 17 節
祭司はその人を見て、もしその患部が白く変っておれば、祭司はその患者を清い者としなければならない。その人は清い者である。
[pdfファイル] レビ記 13 章 17 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 17 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 23 節
しかし、その光る所がもしその所にとどまって広がらなければ、それは腫物の跡である。祭司はその人を清い者としなければならない。
[pdfファイル] レビ記 13 章 23 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 23 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 28 節
もしその光る所が、その所にとどまって、皮に広がらずに、かえって薄らいでいるならば、これはやけどの腫である。祭司はその人を清い者としなければならない。これはやけどの跡だからである。
[pdfファイル] レビ記 13 章 28 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 28 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 34 節
七日目に祭司はそのかいせんを見なければならない。もしそのかいせんが皮に広がらず、またそれが皮よりも深く見えないならば、祭司はその人を清い者としなければならない。その人はまたその衣服を洗わなければならない。そして清くなるであろう。
[pdfファイル] レビ記 13 章 34 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 34 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 35 節
しかし、もし彼が清い者とされた後に、そのかいせんが、皮に広くひろがるならば、
[pdfファイル] レビ記 13 章 35 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 35 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 37 節
しかし、もしそのかいせんの様子に変りなく、そこに黒い毛が生じているならば、そのかいせんは直ったので、その人は清い。祭司はその人を清い者としなければならない。
[pdfファイル] レビ記 13 章 37 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 37 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 39 節
祭司はこれを見なければならない。もしその身の皮の光る所が、鈍い白であるならば、これはただ白せんがその皮に生じたのであって、その人は清い。
[pdfファイル] レビ記 13 章 39 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 39 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 40 節
人がもしその頭から毛が抜け落ちても、それがはげならば清い。
[pdfファイル] レビ記 13 章 40 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 40 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 41 節
もしその額の毛が抜け落ちても、それが額のはげならば清い。
[pdfファイル] レビ記 13 章 41 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 41 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 13 章 59 節
これは羊毛または亜麻の衣服、あるいは縦糸、あるいは横糸、あるいはすべて皮で作った物に生じる悪性のかびについて、それを清い物とし、または汚れた物とするためのおきてである。
[pdfファイル] レビ記 13 章 59 節
[jpegファイル] レビ記 13 章 59 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 14 章 2 節
「重い皮膚病の患者が清い者とされる時のおきては次のとおりである。すなわち、その人を祭司のもとに連れて行き、
[pdfファイル] レビ記 14 章 2 節
[jpegファイル] レビ記 14 章 2 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 14 章 4 節
祭司は命じてその清められる者のために、生きている清い小鳥二羽と、香柏の木と、緋の糸と、ヒソプとを取ってこさせ、
[pdfファイル] レビ記 14 章 4 節
[jpegファイル] レビ記 14 章 4 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 14 章 7 節
これを重い皮膚病から清められる者に七たび注いで、その人を清い者とし、その生きている小鳥は野に放たなければならない。
[pdfファイル] レビ記 14 章 7 節
[jpegファイル] レビ記 14 章 7 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 14 章 48 節
しかし、祭司がはいって見て、もし家を塗りかえた後に、そのかびが家に広がっていなければ、これはそのかびがおさまったのであるから、祭司はその家を清いものとしなければならない。
[pdfファイル] レビ記 14 章 48 節
[jpegファイル] レビ記 14 章 48 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 14 章 57 節
いつそれが汚れているか、いつそれが清いかを教えるものである。これが重い皮膚病に関するおきてである。
[pdfファイル] レビ記 14 章 57 節
[jpegファイル] レビ記 14 章 57 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 15 章 8 節
流出ある者のつばきが、清い者にかかったならば、その人は衣服を洗い、水に身をすすがなければならない。彼は夕まで汚れるであろう。
[pdfファイル] レビ記 15 章 8 節
[jpegファイル] レビ記 15 章 8 節
[ 清い ] レビ記 を検索


レビ記 20 章 25 節
あなたがたは清い獣と汚れた獣、汚れた鳥と清い鳥を区別しなければならない。わたしがあなたがたのために汚れたものとして区別した獣、または鳥またはすべて地を這うものによって、あなたがたの身を忌むべきものとしてはならない。
[pdfファイル] レビ記 20 章 25 節
[jpegファイル] レビ記 20 章 25 節
[ 清い ] レビ記 を検索


民数記 5 章 28 節
しかし、もし女が身を汚した事がなく、清いならば、害を受けないで、子を産むことができるであろう。
[pdfファイル] 民数記 5 章 28 節
[jpegファイル] 民数記 5 章 28 節
[ 清い ] 民数記 を検索


 1  2  3 
おすすめキーワード
悪事   笑う   あけぼの   公正      奴隷   証人      いちじく   訴え   陰謀   うわさ      万物   淫行      義人   マリヤ   あざける   希望   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.