検索語:「 王妃 」の検索結果 37 件 検索対象:『 聖書 』

 1  2 

聖書

列王紀上 11 章 3 節
彼には王妃としての妻七百人、そばめ三百人があった。その妻たちが彼の心を転じたのである。
[pdfファイル] 列王紀上 11 章 3 節
[jpegファイル] 列王紀上 11 章 3 節
[ 王妃 ] 列王紀上 を検索


列王紀上 11 章 19 節
ハダデは大いにパロの心にかなったので、パロは自分の妻の妹すなわち王妃タペネスの妹を妻として彼に与えた。
[pdfファイル] 列王紀上 11 章 19 節
[jpegファイル] 列王紀上 11 章 19 節
[ 王妃 ] 列王紀上 を検索


ネヘミヤ記 2 章 6 節
時に王妃もかたわらに座していたが、王はわたしに言われた、「あなたの旅の期間はどれほどですか。いつごろ帰ってきますか」。こうして王がわたしをつかわすことをよしとされたので、わたしは期間を定めて王に申しあげた。
[pdfファイル] ネヘミヤ記 2 章 6 節
[jpegファイル] ネヘミヤ記 2 章 6 節
[ 王妃 ] ネヘミヤ記 を検索


エステル記 1 章 9 節
王妃ワシテもまたアハシュエロス王に属する王宮の内で女たちのために酒宴を設けた。
[pdfファイル] エステル記 1 章 9 節
[jpegファイル] エステル記 1 章 9 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 1 章 11 節
王妃ワシテに王妃の冠をかぶらせて王の前にこさせよと言った。これは彼女が美しかったので、その美しさを民らと大臣たちに見せるためであった。
[pdfファイル] エステル記 1 章 11 節
[jpegファイル] エステル記 1 章 11 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 1 章 12 節
ところが、王妃ワシテは侍従が伝えた王の命令に従って来ることを拒んだので、王は大いに憤り、その怒りが彼の内に燃えた。
[pdfファイル] エステル記 1 章 12 節
[jpegファイル] エステル記 1 章 12 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 1 章 15 節
「王妃ワシテは、アハシュエロス王が侍従をもって伝えた命令を行わないゆえ、法律に従って彼女にどうしたらよかろうか」。
[pdfファイル] エステル記 1 章 15 節
[jpegファイル] エステル記 1 章 15 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 1 章 16 節
メムカンは王と大臣たちの前で言った、「王妃ワシテはただ王にむかって悪い事をしたばかりでなく、すべての大臣およびアハシュエロス王の各州のすべての民にむかってもしたのです。
[pdfファイル] エステル記 1 章 16 節
[jpegファイル] エステル記 1 章 16 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 1 章 17 節
王妃のこの行いはあまねくすべての女たちに聞えて、彼らはついにその目に夫を卑しめ、『アハシュエロス王は王妃ワシテに、彼の前に来るように命じたがこなかった』と言うでしょう。
[pdfファイル] エステル記 1 章 17 節
[jpegファイル] エステル記 1 章 17 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 1 章 18 節
王妃のこの行いを聞いたペルシャとメデアの大臣の夫人たちもまた、今日、王のすべての大臣たちにこのように言うでしょう。そうすれば必ず卑しめと怒りが多く起ります。
[pdfファイル] エステル記 1 章 18 節
[jpegファイル] エステル記 1 章 18 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 1 章 19 節
もし王がよしとされるならば、ワシテはこの後、再びアハシュエロス王の前にきてはならないという王の命令を下し、これをペルシャとメデアの法律の中に書きいれて変ることのないようにし、そして王妃の位を彼女にまさる他の者に与えなさい。
[pdfファイル] エステル記 1 章 19 節
[jpegファイル] エステル記 1 章 19 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 2 章 4 節
こうして御意にかなうおとめをとって、ワシテの代りに王妃としてください」。王はこの事をよしとし、そのように行った。
[pdfファイル] エステル記 2 章 4 節
[jpegファイル] エステル記 2 章 4 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 2 章 17 節
王はすべての婦人にまさってエステルを愛したので、彼女はすべての処女にまさって王の前に恵みといつくしみとを得た。王はついに王妃の冠を彼女の頭にいただかせ、ワシテに代って王妃とした。
[pdfファイル] エステル記 2 章 17 節
[jpegファイル] エステル記 2 章 17 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 2 章 22 節
その事がモルデカイに知れたので、彼はこれを王妃エステルに告げ、エステルはこれをモルデカイの名をもって王に告げた。
[pdfファイル] エステル記 2 章 22 節
[jpegファイル] エステル記 2 章 22 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 4 章 4 節
エステルの侍女たちおよび侍従たちがきて、この事を告げたので、王妃は非常に悲しみ、モルデカイに着物を贈り、それを着せて、荒布を脱がせようとしたが受けなかった。
[pdfファイル] エステル記 4 章 4 節
[jpegファイル] エステル記 4 章 4 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 5 章 1 節
三日目にエステルは王妃の服を着、王宮の内庭に入り、王の広間にむかって立った。王は王宮の玉座に座して王宮の入口にむかっていたが、
[pdfファイル] エステル記 5 章 1 節
[jpegファイル] エステル記 5 章 1 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 5 章 2 節
王妃エステルが庭に立っているのを見て彼女に恵みを示し、その手にある金の笏をエステルの方に伸ばしたので、エステルは進みよってその笏の頭にさわった。
[pdfファイル] エステル記 5 章 2 節
[jpegファイル] エステル記 5 章 2 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 5 章 3 節
王は彼女に言った、「王妃エステルよ、何を求めるのか。あなたの願いは何か。国の半ばでもあなたに与えよう」。
[pdfファイル] エステル記 5 章 3 節
[jpegファイル] エステル記 5 章 3 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 5 章 12 節
ハマンはまた言った、「王妃エステルは酒宴を設けたが、わたしのほかはだれも王と共にこれに臨ませなかった。あすもまたわたしは王と共に王妃に招かれている。
[pdfファイル] エステル記 5 章 12 節
[jpegファイル] エステル記 5 章 12 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 7 章 1 節
王とハマンは王妃エステルの酒宴に臨んだ。
[pdfファイル] エステル記 7 章 1 節
[jpegファイル] エステル記 7 章 1 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 7 章 2 節
このふつか目の酒宴に王はまたエステルに言った、「王妃エステルよ、あなたの求めることは何か。必ず聞かれる。あなたの願いは何か。国の半ばでも聞きとどけられる」。
[pdfファイル] エステル記 7 章 2 節
[jpegファイル] エステル記 7 章 2 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 7 章 3 節
王妃エステルは答えて言った、「王よ、もしわたしが王の目の前に恵みを得、また王がもしよしとされるならば、わたしの求めにしたがってわたしの命をわたしに与え、またわたしの願いにしたがってわたしの民をわたしに与えてください。
[pdfファイル] エステル記 7 章 3 節
[jpegファイル] エステル記 7 章 3 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 7 章 5 節
アハシュエロス王は王妃エステルに言った、「そんな事をしようと心にたくらんでいる者はだれか。またどこにいるのか」。
[pdfファイル] エステル記 7 章 5 節
[jpegファイル] エステル記 7 章 5 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 7 章 6 節
エステルは言った、「そのあだ、その敵はこの悪いハマンです」。そこでハマンは王と王妃の前に恐れおののいた。
[pdfファイル] エステル記 7 章 6 節
[jpegファイル] エステル記 7 章 6 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 7 章 7 節
王は怒って酒宴の席を立ち、宮殿の園へ行ったが、ハマンは残って王妃エステルに命ごいをした。彼は王が自分に害を加えようと定めたのを見たからである。
[pdfファイル] エステル記 7 章 7 節
[jpegファイル] エステル記 7 章 7 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 7 章 8 節
王が宮殿の園から酒宴の場所に帰ってみると、エステルのいた長いすの上にハマンが伏していたので、王は言った、「彼はまたわたしの家で、しかもわたしの前で王妃をはずかしめようとするのか」。この言葉が王の口から出たとき、人々は、ハマンの顔をおおった。
[pdfファイル] エステル記 7 章 8 節
[jpegファイル] エステル記 7 章 8 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 8 章 1 節
その日アハシュエロス王は、ユダヤ人の敵ハマンの家を王妃エステルに与えた。モルデカイは王の前にきた。これはエステルが自分とモルデカイがどんな関係の者であるかを告げたからである。
[pdfファイル] エステル記 8 章 1 節
[jpegファイル] エステル記 8 章 1 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 8 章 7 節
アハシュエロス王は王妃エステルとユダヤ人モルデカイに言った、「ハマンがユダヤ人を殺そうとしたので、わたしはハマンの家をエステルに与え、またハマンを木に掛けさせた。
[pdfファイル] エステル記 8 章 7 節
[jpegファイル] エステル記 8 章 7 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 9 章 12 節
王は王妃エステルに言った、「ユダヤ人は首都スサで五百人を殺し、またハマンの十人の子を殺した。王のその他の諸州ではどんなに彼らは殺したことであろう。さてあなたの求めることは何か。必ず聞かれる。更にあなたの願いは何か。必ず聞きとどけられる」。
[pdfファイル] エステル記 9 章 12 節
[jpegファイル] エステル記 9 章 12 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


エステル記 9 章 29 節
さらにアビハイルの娘である王妃エステルとユダヤ人モルデカイは、権威をもってこのプリムの第二の書を書き、それを確かめた。
[pdfファイル] エステル記 9 章 29 節
[jpegファイル] エステル記 9 章 29 節
[ 王妃 ] エステル記 を検索


 1  2 
おすすめキーワード
永遠      勝利   計画   聖者   祭壇      天国   不公平   父上   さいわい   貧乏      害悪   不正   お願い      美しい   領地      
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.