聖書>旧約>歴史書>列王紀上

列王紀上 7 章(全 51 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4  5  6 
列王紀上 7 章 1 節
またソロモンは自分の家を建てたが、十三年かかってその家を全部建て終った。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 1 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 1 節


列王紀上 7 章 2 節
彼はレバノンの森の家を建てた。長さ百キュビト、幅五十キュビト、高さ三十キュビトで、三列の柏の柱があり、その柱の上に柏の梁があった。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 2 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 2 節


列王紀上 7 章 3 節
四十五本の柱の上にある室は柏の板でおおった。柱は各列十五本あった。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 3 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 3 節


列王紀上 7 章 4 節
また窓わくが三列あって、窓と窓と三段に向かい合っていた。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 4 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 4 節


列王紀上 7 章 5 節
戸口と窓はみな四角の枠をもち、窓と窓と三段に向かい合った。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 5 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 5 節


列王紀上 7 章 6 節
また柱の広間を造った。長さ五十キュビト、幅三十キュビトであった。柱の前に一つの広間があり、その玄関に柱とひさしがあった。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 6 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 6 節


列王紀上 7 章 7 節
またソロモンはみずから審判をするために玉座の広間、すなわち審判の広間を造った。床からたるきまで柏をもっておおった。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 7 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 7 節


列王紀上 7 章 8 節
ソロモンが住んだ宮殿はその広間のうしろの他の庭にあって、その造作は同じであった。ソロモンはまた彼がめとったパロの娘のために家を建てたが、その広間と同じであった。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 8 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 8 節


列王紀上 7 章 9 節
これらはみな内外とも、土台から軒まで、またの宮の庭から大庭まで、寸法に合わせて切った石、すなわち、のこぎりでひいた高価な石で造られた。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 9 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 9 節


列王紀上 7 章 10 節
また土台は高価な石、大きな石、すなわち八キュビトの石、十キュビトの石であった。
[pdfファイル] 列王紀上 7 章 10 節
[jpegファイル] 列王紀上 7 章 10 節



 1  2  3  4  5  6 
おすすめキーワード
怒る      按手   父祖   悪い   悔い改めよ   語っ   よこしま      偽り      苦労   思い   むち打た   仕える   あざける   まちがっ   賄賂   悪口   老い   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.