使徒行伝 27 章(全 44 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3  4  5 
使徒行伝 27 章 1 節
さて、わたしたちが、舟でイタリヤに行くことが決まった時、パウロとそのほか数人の囚人とは、近衛隊の百卒長ユリアスに託された。
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 1 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 1 節


使徒行伝 27 章 2 節
そしてわたしたちは、アジヤ沿岸の各所に寄港することになっているアドラミテオの舟に乗り込んで、出帆した。テサロニケのマケドニヤ人アリスタルコも同行した。
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 2 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 2 節


使徒行伝 27 章 3 節
次の日、シドンに入港したが、ユリアスは、パウロを親切に取り扱い、友人をおとずれてかんたいを受けることを、許した。
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 3 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 3 節


使徒行伝 27 章 4 節
それからわたしたちは、ここから船出したが、逆風にあったので、クプロの島かげを航行し、
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 4 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 4 節


使徒行伝 27 章 5 節
キリキヤとパンフリヤの沖をぎて、ルキヤのミラに入港した。
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 5 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 5 節


使徒行伝 27 章 6 節
そこに、イタリヤ行きのアレキサンドリヤの舟があったので、百卒長は、わたしたちをその舟に乗り込ませた。
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 6 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 6 節


使徒行伝 27 章 7 節
幾日ものあいだ、舟の進みがおそくて、わたしたちは、かろうじてクニドの沖合にきたが、風がわたしたちの行く手をはばむので、サルモネの沖、クレテの島かげを航行し、
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 7 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 7 節


使徒行伝 27 章 8 節
その岸に沿って進み、かろうじて「良き港」と呼ばれる所に着いた。その近くにラサヤの町があった。
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 8 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 8 節


使徒行伝 27 章 9 節
長い時が経し、断食期もぎてしまい、すでに航海が危険な季節になったので、パウロは人々に警告して言った、
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 9 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 9 節


使徒行伝 27 章 10 節
「皆さん、わたしの見るところでは、この航海では、積荷や船体ばかりでなく、われわれの生命にも、危害と大きな損失が及ぶであろう」。
[pdfファイル] 使徒行伝 27 章 10 節
[jpegファイル] 使徒行伝 27 章 10 節



 1  2  3  4  5 
おすすめキーワード
   正しく   あがない   友人   確実   金銀   聖者      富める   魔術   慰め   裏切り者   うそ   地震   非道      旅人   指導   そむく   滅び   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.