聖書>旧約>詩歌>伝道の書

伝道の書 4 章(全 16 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
伝道の書 4 章 1 節
わたしはまた、日の下に行われるすべてのしえたげを見た。見よ、しえたげられる者のを。彼らを慰める者はない。しえたげる者の手には権力がある。しかし彼らを慰める者はいない。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 1 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 1 節


伝道の書 4 章 2 節
それで、わたしはなお生きている生存者よりも、すでにんだ者を、さいわいな者と思った。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 2 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 2 節


伝道の書 4 章 3 節
しかし、この両者よりもさいわいなのは、まだ生れない者で、日の下に行われる悪しきわざを見ない者である。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 3 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 3 節


伝道の書 4 章 4 節
また、わたしはすべての労苦と、すべての巧みなわざを見たが、これは人が互にねたみあってなすものである。これもまた空であって、風を捕えるようである。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 4 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 4 節


伝道の書 4 章 5 節
愚かなる者は手をつかねて、自分の肉を食う。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 5 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 5 節


伝道の書 4 章 6 節
片手に物を満たして平穏であるのは、両手に物を満たして労苦し、風を捕えるのにまさる。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 6 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 6 節


伝道の書 4 章 7 節
わたしはまた、日の下に空なる事のあるのを見た。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 7 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 7 節


伝道の書 4 章 8 節
ここに人がある。ひとりであって、仲間もなく、もなく、兄弟もない。それでも彼の労苦は窮まりなく、その目はに飽くことがない。また彼は言わない、「わたしはだれのために労するのか、どうして自分を楽しませないのか」と。これもまた空であって、苦しいわざである。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 8 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 8 節


伝道の書 4 章 9 節
ふたりはひとりにまさる。彼らはその労苦によって良い報いを得るからである。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 9 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 9 節


伝道の書 4 章 10 節
すなわち彼らが倒れる時には、そのひとりがそのを助け起す。しかしひとりであって、その倒れる時、これを助け起す者のない者はわざわいである。
[pdfファイル] 伝道の書 4 章 10 節
[jpegファイル] 伝道の書 4 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
奉仕      高慢   おろか   聖歌   富む      労苦   怒る   汚れ   いのち   子ども      親切   嗣業   非道   賄賂   泣く   初子   按手   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.