聖書>旧約>歴史書>エステル記

エステル記 6 章(全 14 節) 1 節から 11 節まで

 1  2 
エステル記 6 章 1 節
その夜、は眠ることができなかったので、命じて日々の事をしるした記録の書を持ってこさせ、の前で読ませたが、
[pdfファイル] エステル記 6 章 1 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 1 節


エステル記 6 章 2 節
その中に、モルデカイがかつての侍従で、のへやの戸を守る者のうちのビグタナとテレシのふたりが、アハシュエロスを殺そうとねらっていることを告げた、としるされているのを見いだした。
[pdfファイル] エステル記 6 章 2 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 2 節


エステル記 6 章 3 節
そこでは言った、「この事のために、どんな栄誉と爵位をモルデカイに与えたか」。仕える侍臣たちは言った、「何も彼に与えていません」。
[pdfファイル] エステル記 6 章 3 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 3 節


エステル記 6 章 4 節
は言った、「庭にいるのはだれか」。この時ハマンはモルデカイのために設けた木にモルデカイを掛けることをに申し上げようと宮の外庭にはいってきていた。
[pdfファイル] エステル記 6 章 4 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 4 節


エステル記 6 章 5 節
の侍臣たちが「ハマンが庭に立っています」とに言ったので、は「ここへ、はいらせよ」と言った。
[pdfファイル] エステル記 6 章 5 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 5 節


エステル記 6 章 6 節
やがてハマンがはいって来るとは言った、「が栄誉を与えようと思う人にはどうしたらよかろうか」。ハマンはのうちに言った、「はわたし以外にだれに栄誉を与えようと思われるだろうか」。
[pdfファイル] エステル記 6 章 6 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 6 節


エステル記 6 章 7 節
ハマンはに言った、「が栄誉を与えようと思われる人のためには、
[pdfファイル] エステル記 6 章 7 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 7 節


エステル記 6 章 8 節
の着られた衣服を持ってこさせ、またの乗られた馬、すなわちその頭に冠をいただいた馬をひいてこさせ、
[pdfファイル] エステル記 6 章 8 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 8 節


エステル記 6 章 9 節
その衣服と馬とをの最も尊い大臣のひとりの手にわたして、が栄誉を与えようと思われる人にその衣服を着させ、またその人を馬に乗せ、町の広場を導いて通らせ、『が栄誉を与えようと思う人にはこうするのだ』とその前に呼ばわらせなさい」。
[pdfファイル] エステル記 6 章 9 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 9 節


エステル記 6 章 10 節
それではハマンに言った、「急いであなたが言ったように、その衣服と馬とを取り寄せ、の門に座しているユダヤ人モルデカイにそうしなさい。あなたが言ったことを一つも欠いてはならない」。
[pdfファイル] エステル記 6 章 10 節
[jpegファイル] エステル記 6 章 10 節



 1  2 
おすすめキーワード
子孫   おとめ      過去   名声   しるし   贖罪   判断   貧しい   柔らかい   求めよ   洪水   領主   真理   思い   あがなう   感謝   欺く   王妃   いのち   
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.