聖書>旧約>大預言書>哀歌

哀歌 2 章(全 22 節) 1 節から 11 節まで

 1  2  3 
哀歌 2 章 1 節
ああ、怒りを起し、黒をもってシオンの娘をおおわれた。イスラエル栄光から地に投げ落し、その怒りの日に、おのれの足台をにとめられなかった。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 1 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 1 節


哀歌 2 章 2 節
はヤコブのすべてのすまいを/滅ぼして、あわれまず、その怒りによって、ユダの娘のとりでをこわし、これを地に倒して、その国とそのつかさたちをはずかしめられた。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 2 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 2 節


哀歌 2 章 3 節
は激しい怒りをもって、イスラエルのすべての力を断ち、の前で、おのれの右の手を引きもどし、周囲を焼きつくす燃える火のように、ヤコブを焼かれた。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 3 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 3 節


哀歌 2 章 4 節
のように弓を張り、あだのように右の手を伸べて立ち、シオンの娘の幕におるわれわれの目に誇る者を、ことごとく殺し、火のようにその怒りを注がれた。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 4 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 4 節


哀歌 2 章 5 節
のようになって、イスラエルを滅ぼし、そのすべての宮殿を滅ぼし、そのとりでをこわし、ユダの娘の上に憂いと悲しみとを増し加えられた。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 5 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 5 節


哀歌 2 章 6 節
は園の小屋のようにおのれの幕屋を倒し、その祭の場所をこわされた。は祭と安息日とをシオンに忘れさせ、激しい怒りによって、祭司とを捨てられた。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 6 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 6 節


哀歌 2 章 7 節
はその祭壇を忌み、その聖所をきらって、もろもろの宮殿の石がきをの手に渡された。彼らは祭の日のように、の宮で声をあげた。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 7 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 7 節


哀歌 2 章 8 節
はシオンの娘の城壁を破壊しようと/思い定めて、なわを張り、打ちこわして、その手をひかず、城壁と石がきとを悲しませられた。これらは共に衰える。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 8 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 8 節


哀歌 2 章 9 節
その門は地にうずもれ、はその貫の木をこわし砕かれた。そのと君たちはもろもろの国民の中におり、もはや律法はなく、またその預言者はからを得ない。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 9 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 9 節


哀歌 2 章 10 節
シオンの娘の長老たちは地に座して黙し、頭にちりをかぶり、身に荒布をまとった。エルサレムのおとめたちはこうべを地にたれた。
[pdfファイル] 哀歌 2 章 10 節
[jpegファイル] 哀歌 2 章 10 節



 1  2  3 
おすすめキーワード
   雄々しく   わが家   従う   長子   父母      解き明かし   悪霊      マラキ   富む   むち   謙遜      あわれん   そむき      地球      
Copyright©B.C.4000-A.D.2018 JHVH All Rights Reserved.